スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなヒントを得られました 

こんにちは!NPO労務サポーターの石田信隆です。

2008年12月1日、仲間の協力で、ホームページが完成したんです。

もしよろしければ、ご覧いただければ、うれしいです。



昨日、あるテレビ番組をみていたんですね。

「不況に打ち勝つための社長の秘策」についての特集だったんですよ。



印象に残ったことを、いくつか。

「1つひとつの積み重ねが、信頼関係になり、熱烈なファンになる」

「他者がマネできない『差別化』が、競争力になる」



「ビジネスのカギは『正直』」

「お客様を裏切らないのが、いちばんのポイント」

「商品の情報を正直に伝える」



例えば、このスーパーは、「オネスト(正直)カード」を使って、
商品の情報を正直に伝えているんです。

担当者が、グレープフルーツを試食したあと、
「このグレープフルーツは、酸と糖のバランスがよくないです」と、
カードに書いているんですね。



それに対して、お客さんは。

「オネスト(正直)カードを参考にして、こういう味だなぁとわかった上で、
商品を買ってます」

「とても有用な情報で、スーパー側の誠実な取り組みが伝わってきます」

などの感想を寄せているんです。

その結果、このスーパーは、前年度比25%増の売り上げだそうです。



これからの活動において、参考にしたヒントがありました。

仲間のみなさんにとって、少しでも参考になれば、うれしいです!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

お寄せいただいたコメントは、いったん管理画面でお預かりした後、ブログにアップさせていただいています。あらかじめ、ご了承のほどよろしくお願いします。

士業ブログランキング(社会保険労務士部門)に参加しております。
皆さんのワンクリックが、「毎日更新」の大きな励みです!
応援、よろしくお願いいたします!!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

コメント

条件

クライアントとの商談でも、良い話(うまい話)ばかりをしても信頼を得るとは言えません。
信頼を得て契約をつかむには必ず商品における問題点やウィークポイント等悪い話をすることが鉄則です。
そうすることでかえって信頼を得て、契約に結びつくことが多いとの事です。
正直に真実を必ず話す事とは、偏見を持っているものや斜に構えているクライアントにはとても効果があります。
好きな異性に対し、時々突き放すことで効果を得ることに似ているのかもv-236

「正直であること」が評価されると信じたいですね。
時には「はったり」も必要でしょうが・・・
正直で勝負するために、中身をしっかりつけたいと思います。v-91

こんにちわ

オネストカードはひとつのCMになりますし、必要最低限の仕入れで抑えれるので
売れ残り等がなく、いいんですよね。。

このサービスはすごくいいですよね。

「誠実」が私の大切なキーワードのひとつです。
ただ、開業して実際に顧客を取っていくなかでは、多少のハッタリも必要なのかなぁなんて、ちょっと考えちゃったりもしますね(笑)
ハッタリと嘘は違うと思いますが。

正直でありたいですね。

シンさま

>信頼を得て契約をつかむには必ず商品における問題点や
  ウィークポイント等悪い話をすることが鉄則です。
>そうすることでかえって信頼を得て、契約に結びつくことが多いとの事です。

貴重なご指摘、ありがとうございます!

これからの活動で、活かしていきたいと思います。

あかりんさま

>正直で勝負するために、中身をしっかりつけたいと思います。

そうですね!

中身もしっかり、そして、正直に。

お互い、がんばっていきましょうね。

梅ヶ丘さま

>オネストカードはひとつのCMになりますし、
必要最低限の仕入れで抑えれるので売れ残り等がなく、いいんですよね。。

そうなんですね!

発想の転換で、不況下でも売上を伸ばしている秘訣がわかりました。

かこさま

いろんなテクニックもあるかと思いますが、最後は誠実さ、かな。

結果はともあれ、小生は「誠実さ」を大切にしていきたいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。