スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題解決力をつける本 

こんにちは!NPO労務サポーターの石田信隆です。

12月1日、ついにホームページが完成したんです!

ホームページは、仲間の献身的な協力で完成したんです。



今日、家に帰ると、大きな封筒が。

差出人は、米国公認会計士で経営コンサルタント、そして、ベストセラー著者の午堂登紀雄(ごどう・ときお)さんからでした。

午堂さんとのつながりについては、こちらの記事をご覧いただけたら、うれしいです。



封筒に入っていたのは。

午堂さんの最新刊「問題解決力をつける本」。

「問題解決力」を身につければ、仕事(人生)の成果が格段に上がる、としています。



人それぞれ、いろんな問題を抱えていますよね?

そうした問題を何とかして解決したい!

私もそうなんですけど、仲間のみなさんも同じ気持ちではないでしょうか。



「問題解決力は、時代や環境の変化にも左右されない能力として、また広く人生全体に使える『より幸せになるための思考力と行動力』として、どんな資格の勉強よりも、最優先で取り組むべきテーマではないでしょうか」

午堂さんが、私たちに問いかけてます。



では、具体的に、どんな考え方を持ち、行動すれば、問題解決力が身に付くのか。

午堂さんは、4つのステップで考える大切さを強調しているんです。

1、まず、問題の「真因」を見極める
         ↓
2、問題をロジカルに「分析」する
         ↓
3、解決策の「仮説」を立てる
         ↓
4、さらにぶっ飛んで「発想」する
         ↓
戦略を自信を持って「実行」にうつす
         ↓
脳の回転速度が上がり、問題解決力が高まる!

と、提案しています。



「全ての仕事は『問題解決力』である」

「問題解決力をつけるため、当たり前のことですが、まず『自分の頭で思考する』という習慣を徹底していかなければならない」




「『本当は何を解決すべきか』を見極めることが、問題解決の第一歩」

「問題発見力を高めるには、『5つの力』が必要になる」



「問題解決には『定石』であるフレームワーク(思考の枠組み)がある」として、問題解決力が劇的にアップする「7つのフレームワーク」を紹介しています。

「仮説思考の最大のメリットは、限られた時間と情報の中からでも、より適切な答えが見つかるようになること」



「問題を解決するスキルを身につけたいなぁ」

そんな方に、参考にしていただければ、うれしいです。







最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

お寄せいただいたコメントは、いったん管理画面でお預かりした後、ブログにアップさせていただいています。あらかじめ、ご了承のほどよろしくお願いします。

士業ブログランキング(社会保険労務士部門)に参加しております。
皆さんのワンクリックが、「毎日更新」の大きな励みです!
応援、よろしくお願いいたします!!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

コメント

ありがとうございます!

石田さん
素晴らしいご感想をありがとうございます!
でも、「先生」はハズカシイです~。。

午堂登紀雄様

多忙を極める中、貴重なコメントをお寄せいただき、
ありがとうございます!

>でも、「先生」はハズカシイです~。。

それは、失礼しました。。
「さん」付けでは、あまりにも失礼かと思いまして。

あとから、「さん」付けに直しておきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。