スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労務コラムを書きました 

こんにちは!NPO労務サポーターの石田信隆です。



【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばで、私のキャッチフレーズです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたいという想いがこめられています。NPO労務サポーターへの「想い」は、2007年11月26日付「決意表明」をご覧いただければうれしいです。

先日のブログ「意思表明」のとおり、2008年9月に勤務先を退職。10月1日、「NPO労務サポーター」として独立開業します。最近のNPO労務サポート活動は、労務相談員アドバイザー労務コラム執筆公的機関での講演などです。

日本法令さんが発行している開業社会保険労務士専門誌「SR」に、私の書いた記事が載ったんです!ここまで支えてくれた仲間のみなさん、どうもありがとうございます!!



10月1日のブログで書いたんですけど、私は10月1日に独立開業したんです。

仲間のみなさん、これからもよろしくお願いします!




ご縁がありまして、今年4月から、NPOの月刊誌で労務コラムを書いているんです。

労務コラムは、2カ月に1回の掲載なんですね。



タイトルは、「市民活動で知っておきたい労務」。

活動に参加するにあたり、ぜひ知っておきたいことを中心に書いているんですよ。



コラムには、私の署名が書かれているんです。

なおさら、間違いは許されないわけで。



何度も、何度も、文章を見直して。



声に出したり、手元にあるテキストと照らし合わせたり。

先輩からお送りいただいた「労働基準法解釈総覧」を横に置いて、1つひとつの条文を読みながらチェックしたり。

自分なりに、違う角度で、文章に間違いがないか、見直して。



ようやく、「よしっ、これで事務局に送ろう!」と。

振り返ると、書く時間と、見直す時間が同じくらいに。



NPOの労務サポートといっても、いろんなかかわり方があると、考えているんですね。

執筆活動も、その1つなんです。



活字にして、月刊誌に載せることで、NPO仲間が好きな時に、好きな場所でコラムに目を通してもらえたら。

そんな気持ちなんですね。



これからも、できることから、NPO仲間に喜んでもらえるよう、がんばっていきたいです!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

お寄せいただいたコメントは、いったん管理画面でお預かりした後、ブログにアップさせていただいています。あらかじめ、ご了承のほどよろしくお願いします。

士業ブログランキング(社会保険労務士部門)に参加しております。
皆さんのワンクリックが、「毎日更新」の大きな励みです!
応援、よろしくお願いいたします!!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

コメント

コラムが書けるって、いいですよね!

自分で言葉を選んで、あれこれ考えて…。

特に、試験に合格して社労士の仕事をし始めた段階で

そういう仕事をする機会ある人って少ないと思うので、

恵まれていますよ~。

でも、それは、いしちゃんのこれまでの努力の賜物ですね!

たっくんさま

日をあらためて、書こうと思うことがあるんです。

それは、前職での経験が、意外な分野で役に立つことがある、
ということなんですね。

前職では、機関紙編集を担当していたんです。

今となっては、文章を書いたり、まとめるスキルが活きていますから!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。