スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア以外の被災地支援(その2) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。



【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。



(昨日の続きです)

私もKECの取り組みに共感し、店頭にある能登の商品を吟味していました。

そんな中、目に入ったのが合名会社中島酒造店のお酒でした。







中島酒造店は、能登・輪島市で最も被災した造り酒屋さんです。

古き良き伝統と歴史を守りながら、柔軟な考えの蔵です。蔵元自ら
一級酒造技能士の資格を取り、酒造りに邁進しています。この為、
酒造りに対する姿勢が妥協することなく、素直に酒に表れています。

平成10年の金沢局の清酒鑑評会にて蔵元杜氏として2年目に
金賞受賞。これを励みに酒造りを楽しみながら更なる夢を追っています。







酒販店の営業許可を取るのは時間と手間がかかるそうですので、
KECの専従スタッフのJさんが、個人として共同購入しています。

迷った末、Jさんのおすすめ「百石酒屋のおやじの手造り 純米吟醸」
を購入。杜氏がうでをふるった自信作です。なめらかでスッキリした
味わいで、グイグイ飲めます。

4合ビンをいただきましたが、すでに開栓した初日に半分開けて
しまったワタクシ。

「ただの呑み助でしょ」と突っ込まれそうですが、ハイ、その通り。
(開き直ってどうする?)







「私も能登の地酒を飲んで、被災地の応援をしたいな」という方。
神戸のKECに取りに行ける場合は、どうぞ足をお運びいただければ
幸いです。

遠方の方はそうもいきませんので、中島酒造さんへ直接ご注文下さい。
同社のホームページ(http://www.noto-suehiro.co.jp/)で品物を選んで、
同社に直接注文するのがいいと思います。

詳しくは、KECの専従スタッフ・Jさんのブログ「じっちゃんの
NPOブログ」(http://jitsuyoshi.exblog.jp/5976556/)5月2日付
記事をご覧下さい。

同ブログは、能登半島地震に関する記事が多く載っています。
もしよろしければ、ご覧いただければうれしいです。






私は、自分にできるかたちで、ささやかですが被災地の支援が
できればと考えています。






最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nposupport.blog92.fc2.com/tb.php/41-495a331f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。