スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、目の前にいるクライアント様に貢献するために 

おかげさまで、クライアント様から、いろんなご相談を承っているんです。

ご相談の中には、急ぎで対応すべきケースもあるんですね。



社会保険労務士として、法律や通達を調べて、法的に問題ない方法で対応すべきなのは、言うまでもないことでして。

その上の話なんですけど、クライアント様が知りたいのは、「実際のところ」はどうなのか、ということ。




経験を積み重ねるのがいいんでしょうけど、そんな時間の余裕もないときがあるんですよ。

そんなときは、その分野に精通した先生方におたずねして、助言を承るんです。

その助言を自分自身のものにすれば、今後おなじようなご相談を受けた時に、即座に「実際のところ」を回答できるわけで。



いま、目の前にいらっしゃるクライアント様のために、私が取るべき行動は何か。

そんなことを考えながら、時には「社労士道」(といえるのかどうか、わかんないですけどね)を外れてでも、クライアント様に喜んでもらえる方法を選んでいる、今日このごろなんです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。