スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目に見えない報酬 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

当面は団体職員として収入を得ながら、休日に個人の立場で、
ボランティアとしてNPOの労務サポート活動を始めていきたいです。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はボランティアにて、
知り合いが活動するNPOから労働相談を受けています。

内容は、初めて有給のスタッフを採用するが、公的保険の手続きなどの
取り扱いについてです。

経過については、8月22、23、27、29日、9月3日の
各日のブログに書いてます。

特に、8月22日「夢じゃないんだ」
http://nposupport.blog92.fc2.com/blog-date-200708.html#entry117

8月23日の「『不安』を上回る『うれしさ、楽しさ』」
http://nposupport.blog92.fc2.com/blog-entry-118.html

に詳しく書いてます。もしよかったら、ご覧くださいね。






9月3日、知り合いが活動するNPOの事務所へ。

カバンには、各関係機関を訪問して担当者からお聞かせいただいた
見解や自分なりに法令や労働者性の解釈をまとめたペーパーが。




午後7時、知り合いと採用予定の方、そして私の3人が顔を合わせました。

私がペーパーをもとに説明。採用予定の方の労働者性や公的保険の
加入義務について、自分なりの考えを申し上げました。

一通りの説明が終わった後、知り合いの先輩がこんなことを
おっしゃいました。








「採用予定のスタッフの雇用形態や公的保険の加入について、
明確になりました。大変助かりました」








この一言を聞いた瞬間、満足感で胸がいっぱいになりました。








悩んだ末、当面は今の職場で働きながら、休日にボランティアでNPOの
労務サポート活動を始めることにした私。その決断を下したのが今年6月。

そして、今回の労働相談を受けたのが8月。

今回の労働相談は、「NPO労務サポーター」と名乗ってから、
初めての労務サポート活動でした。






私は労務分野の実務経験がないんです。お金は頂戴しなくてもいいので、
経験がほしいと思ってます。

そんな中での労働相談。この相談を通して、NPO仲間に喜んでもらった
というやりがい。労働者性や公的保険の加入有無について得られた、
ささやかなノウハウ。そして、実務経験。

これらは、私にとって「目に見えない報酬」なんです。








当面は、この「目に見えない報酬」を重視していきたいです。

これからも、ブログなどネットつながり、学習会や懇親会の参加など
リアルつながりの双方の活動を大切にしていきたいです。

そして、労務面で困っているNPO仲間がいれば、私もメンバーの1人
として悩み、知恵を絞り、問題が解決できるように頑張っていきたいです。








若輩者ですが、今まで以上の叱咤激励をよろしくお願いします!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。