スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三方よし!」といきたいところです 

ありがたいことに、先輩社労士から、こんなご提案をいただくことがあるんです。

「石田さん、こんなことで困っているお客さんがいるんだけど、相談に乗ってもらえないかな」と。

詳しく話を聞いてみると、その先輩が得意でない分野だそうで。


 
先輩社労士の振る舞いから、ふっと、こんなことを考えることがありまして。

「できないことを一生懸命調べるのもいいけれど、思い切って、その分野が得意な先生に仕事を振るのもいいかな」。



時と場合によるでしょうけど。

私も先輩社労士の立場でしたら、その分野に詳しい先生に、その仕事をお願いして。

その先生が早く、確実に、仕事を仕上げて、お客様に喜んでもらえる方法を選びます。



お客様が「今すぐ」解決してほしい案件を承って。

その分野が苦手で、調べまくったらできるでしょうけど、どうしても時間がかかりそうで。

経験を積むために、自分自身でその案件を仕上げようとするのが、本当にお客様のためになるかどうか(^^ゞ



時には、他の先生をご紹介するのは。

お客様も、先生も、そして、私も、メリットがあるはず。



三方よし!

といきたいところですが、みなさん、いかがでしょうか(^^)

コメント

丸投げ専門

一発勝負で決めないとあかんのは
大概丸投げかも…( 一一)

佐々木先生

>一発勝負で決めないとあかんのは
>大概丸投げかも…( 一一)

お客様のことを考えると、
一発勝負がいいかもしれませんね(^^)

人脈ですね

 丸投げも振るのも、得意分野を知っている専門家の人脈があるからならではですね。

 振ってもらえる専門分野を磨かなくっちゃ。☆彡

あかりんさま

自分独自の売りを見つけて。

たくさんの人と会い続けて、自分独自の売りを知ってもらって。

地味ですけど、そんな活動の積み重ねを大切にしてます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。