スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が求められているか 

こんにちは、nobuです。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はNPO労務サポーター
として、NPOの労務面のサポートのお手伝いをライフワークにしたい
と考えています。






一方、頭を悩ませているのは、NPOの現状なんです。

NPOの大半は、NPOの労務サービスに「お金を出せない、出さない。
労務サービスの必要性をあまり感じていない」と思います。






認識不足かもしれませんが、需要が少ないところからお金をいただき
づらい。そんな印象を持っています。

「マーケットは無視できない」と考えています。






そうは言っても、例えば職場で事故が起これば、労災保険の保険給付を
受けることになります。






確かに、役所に疑問点を聞きまくれば、保険給付の手続きはできるかも
しれません。

でも、慣れない手続きに時間と労力がかかります。NPOは本当に限られた
ヒト・モノ・カネなどの資源を最大限に活かし、活動しています。

「許容範囲内の料金であれば、社会保険労務士に保険給付の手続きを
お願いしたい」と考えるNPOがきっとあると思います。






明日は、私が考えている「NPOが利用しやすいと思われる」労務サービス
について申し上げたいと思います。






「NPOが利用しやすいと思われる」労務サービスは、私が最も悩んで
いることのひとつです。

NPOスタッフの皆さんや社会保険労務士の先生方、その他ブログを
ご覧の方々で、「こんなサービスや料金設定がいいのでは」という
ご意見がありましたら、ぜひお聞かせいただきたいです。よろしく
お願いいたします。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nposupport.blog92.fc2.com/tb.php/1280-f55e68fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。