スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術 

米国公認会計士で、株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズ代表取締役の午堂 登紀雄(ごどう・ときお)さんの最新刊です。

著書を一言で表すと、「読書ほど安全確実な自己投資法はない!こんな時代の頭とお金の使い方」。



午堂さんは、読書術について、こんなことを話しています。

「お金に換える読書術」には、次の4つのプロセスがあります。
1著者のバックボーンを知る
2著者の主張を受け入れる
3比較しながら読む(複眼読書)
4想像しながら読む(モデル・リーディング)

このように著者の思考体系と行動体系を吸収することで、今の自分には何が足りなくて、これから何をすべきかがわかるのです。

もちろん本書は、あくまでも僕個人の読書術に過ぎません。誰かとまったく同じ人生やライフスタイルを送っている人はいないように、本書の内容がそのまま誰にでも使えるわけではないでしょう。
でも、「お金を稼ぐ力をつける」という視点からは、僕は自信を持ってこの読書法をオススメします。



実際に、この著書を読んで感じたこと。

それは、ノウハウも大切なんですけど、それ以上に「考え方」も大切ということ。

いいかえると、自分自身がおかれた環境が異なっても、多くの人に喜んでもらい、その対価としてお代を頂戴する「考え方」が身に着くこと。



誰でも複数の立場を持っています。そのときどきの立場で、複数の視点で読み取り、活かすことが、予想以上に読書から多くのものを得られるかと。

ビジネス書を読むということは、限られたお金と時間を投資すること。その投資に見合うリターンを意識しないと、自己満足に終わってしまうことに、あらためて気付かされました。


これだけ、各分野で活躍する人たちが、たくさんの本を書いているなら、もっと成功する人がたくさん出てきてもいいはず。

午堂さんの著書を読んで、リターン力を高める読書術を身につけなければと、反省してます!


ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ーー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー
(2009/06/25)
午堂 登紀雄

商品詳細を見る



コメントは、管理画面でお預かりした後、ブログにアップさせていただいています。

士業ブログランキング(社会保険労務士部門)に参加しております。
皆さんのワンクリックが、「毎日更新」の大きな励みです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。