スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルアップ関西の参加者の感想 

11日、私が講師を務めた社労士スキルアップ研究会・関西(スキルアップ関西)。

担当者の方が、さっそく参加者のアンケートを集約してくれました(感謝しています!)。



うれしいコメントも、手厳しいコメントも、しっかり受け止めたいので、全文載せますね。

私の意見も、申し上げていきたいと思います。

(ここから)
・講義の進行はスムーズで、セミナー講師にむいているなぁと感じた。内容的にはもうすこし日々の業務について聞きたかった。(同意見多数)
→貴重なご指摘、ありがとうございます。19日のフォローアップセミナーでは、日々の業務を詳しくお話していきます。

・自分のやりたいことがあるというのはすばらしい。やりたいこととお金を稼ぐのを両立させるのは難しいのがわかった。自分の「営業経験なし」なので「なし」なりの方法を考えたいと思う。

・開業を考えてはいないが、今後に向けて参考になりそう。ただ、人へのアプローチはケースバイケースだと思う。(夜中にメールするのは避けたほうがいいかと)
→いろんな考え方がありますが、夜中にメールをしても、先方さんを起こすわけじゃないですし。「家に帰ってからお疲れの中、さっそくメールをありがとうございます」という反応が多いです。

・差別化するのは大変だと感じた。

・実務経験のない人でも開業の仕方の像が結べてよかった。

・NPO労務サポートでいろいろ活躍していることは良くわかったが、収入アップにつながる事業計画を具体的に教えてもらえればと思った。
→これがわかれば、私の方こそ、ご指導を賜りたいです(汗)。

・「自分ブランドの作成」及び「ストーリー性」については、今後の就活の参考になる。

・計画性の重要性を感じた。

・人脈作りとして他士業との連携も考えてるので、参考にさせてもらいたい。

・熱い思いはひしひしと伝わってきたが、やや空回り感もしたが、正直で一生懸命な話しぶりはよかった。

・ぶっちゃけ話はとても参考になった。(同意見多数)

・刺激にもなり、ヒントを得ることができた。(同意見多数)

・思い、生き方がよくわかり、参考になる話が多くとてもよかった。(同意見多数)

・「自分独自の売りのつくりかた」とは、考えたことがなかったので、考えるきっかけになりよかった。(同意見多数)

・あたりまえのことを継続してするのが、いかに大事でまた難しいことかわかった。(同意見多数)

・とにかく石田先生という存在を知ったことは大きい。

・楽しかった。

・講義内容については最初から気合が入り過ぎていて、こわかった。もう少しソフトな語り口調で話して頂けたら共感を得られるのではないかと思う。
・随所で威圧的な印象を受けたので、今後のためにも気をつけたほうがいいと思う。
→(上記2件の感想に対して)「気合が入りすぎ」「威圧的」という指摘はしっかり受け止めますが、逆に、「熱い想いが伝わった」という意見もあります。いい悪いは別にして、セミナー講師のスタンスや、受講生の好みかも。

・上から目線、断定的な話し方に聞こえたこととマジックで人を指すのは失礼ではないかと感じた。
→貴重なご指摘、ありがとうございます。講師はお金をもらってノウハウを提供してます(スキルアップ関西の講師報酬はありませんが)。ノウハウや自分自身に自信がなければ、セミナー講師を務めるべきではないと、考えています。

・レジュメをもう少し簡潔にまとめたらよかった。
→3時間を使って、開業前、開業中、今後の展開をお話するには、これくらいの見出しが必要かと。士業向けセミナーでも、これくらいの見出し、余白をとって先生方は講演されてます。今回のレジメは、一流講師のレジメの作り方を「徹底的にパクッています」から(笑)。

・自分自身の売りのつくりかた、答えは自分自身のなかにあった。30年ちかく同じ会社で10年以上の管理職経験でも労務問題を解決できるのは、この自分のいた業界を知り尽くした自分をおいていないという自信と誇りを持とうと思った。

・一生懸命社労士として戦っているなぁと感じた。

・(一般向けの有料オープンセミナーのテクニックとしてあえて辛口のコメント)
 1最初に目次をもとに、本日の内容の全体像を示すこと
→おっしゃるとおりです。講演が終わってから、気づきました…。

 2スタート直後の30分で「ワーク」が約半分というのは、一般向けセミナーではシンドイ。まずは自分の「語り」で、お客さんの信頼と興味をつかんでから、みんなが疲れてきた頃に「ワーク」をすると効果的
→実は、この点について、受講生の方からの感想を聴きたかったんです。やっぱり、そうでしたか。次回のセミナーでは、受講生の方々が疲れてきたころに「ワーク」を入れていきます。

 3レジュメ内容と板書内容が若干重複。あえて、ポイントを強調するのがねらいだと思うが、もう少し板書の整理を
→貴重なご指摘は、次回のセミナーで活かしていきます。

 4時間配分として、後半走りすぎ(私自身もいつもそうなってしまって反省ばかり)内容の重複を避けて、むしろ後半の話をじっくりと
→次回のフォローアップセミナーでは、後半の話(開業してからの日々の活動)をじっくり話します。

・一回目の講演から本当にパワーアップを感じた。

・NPOが何たるかも分からないまま参加したが、その内容も含め、ターゲットのしぼりかた等、開業にむけてのコツがいろいろなところで披露され、非常に参考になった。

・NPOに対する情熱に敬意を表する。(同意見多数)

・NPOだけでは商売にならないとおっしゃったことは残念。だけど社労士はボランティアではないので仕方がない。

・先生が不眠であることが心配。食欲はありますか?
→ご心配をおかけしています。食欲はあるんです。仲間に指摘されたんですけど、自分自身で気がつかないうちにストレスをためてしまい、その結果、不眠気味になっているかも。

・時間を区切って進行され、集中力が途切れることがなく、あっという間に時間が過ぎた。話のスピードもすごくよかった。

・今後社労士としての活動をイメージする中で、厳しさを再確認すると同時に夢をもつことができた。

・予想以上の内容だった。セミナー業でも稼げると思う。(講師の資質をお持ちで、人間的にもすきになった。いしちゃんのファンになった)

・斬新な講義進行に驚いた。自分には真似ができないが。
(ここまで)


いい評価をもらうのはもちろん、うれしいんですよ。

それとともに、厳しいご指摘こそ、ありがたいんですよ。厳しい指摘をしっかり受け止めて、次回のセミナーで活かすことが、自分自身の「伸びしろ」に影響するでしょうから!

19日のフォローアップセミナーの詳しい内容については、あらためてお話しますね(^^)



コメントは、管理画面でお預かりした後、ブログにアップさせていただいています。

士業ブログランキング(社会保険労務士部門)に参加しております。
皆さんのワンクリックが、「毎日更新」の大きな励みです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

コメント

講師お疲れ様でした。

セミナー講師お疲れ様でした。

まさに教えることは学ぶことですね。
厳しい意見も含まれているのに、あえてそれを公開し、自分を高めていこうとする姿勢は尊敬しますし、いしちゃんらしいです。

いしちゃんのブログやリアルのいしちゃんを知っている者としては、「こわかった」「上から目線」というコメントは信じられないのですが(ベテランの方のあえての苦言なのか、開業前の方なのか…)、実際に講師をして話すというのはそれだけ難しいということでしょう。
ご指摘を受けた点は次のセミナーで生かすとともに、良かったという意見については自信を持っても良いのではないでしょうか。この経験は貴重な経験ですね。

  • [2009/07/14 01:57]
  • URL |
  • 千葉は千葉でも@幕張本郷
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

↑まったく同意見でございます。

今回参加出来ず残念でした。
わたしも千葉は千葉でも@幕張本郷さんと同意見です。あのいしちゃんが上から目線・・・ いつも誰より気配りし初参加の方に1番にあいさつにいく姿などを見ているのでピンときませんでした。何故か第三者の自分がイラッとしちゃいました。
それにしてもアンケートに対しクイックに返答しフォローしていくこの姿勢には感服です。自分は昨年そうしなかったし、思いつかなかった(^^;)
NPOサポーター、これからもがんばってください! 大した知識も経験もない自分ですが何かあったら聞いてくださいね^^

私、アンケート入力係りだったんですが…。上記の方々のご指摘の点…、上から目線などというところ、実際に用紙をみてびっくりしました。
一瞬、中傷なのか?と疑いましたし、辛らつすぎるかな?と思い、そのまま入力するのをためらったぐらいです。

はじめてこられる方もいたことだし、いろんな感想があるのかもしれない、とも感じ、同じ態度でも他人からみたらさまざまな捕らえ方があるのかな…と。

私ならきっと相当へこみます。いしちゃんさんは強いですね。どんな意見もいったん、受け止める力がありますね。

千葉は千葉でも@幕張本郷さま

普段はニコニコしている私ですが(笑)、講演のときの表情は硬かったかも。

次回は、いつも通りのやわらかい顔つきで講演をしていきたいです。

たくさんの気づきをもたらしてくれたスキルアップ関西での講演、本当にやってよかったです!

DJヒロさま

基本的には、セミナーで出会う人たちは初めての方々を想定するかと。

一期一会の場面でも、心の窓を開けてもらい、私のことを受け入れてもらうよう、努力することが必要だと、感じています。

厳しいご指摘を受け入れ、改善することが、さらなる「伸びしろ」になるでしょうから!

ミケさま

厳しいご指摘も含めて、私に対する評価はしっかりと受け入れる必要があると思ってます。

確かに、へこみますけどね(汗)。

その上で、直すべきことは、直していきたいですから!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。