スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念には、念を入れて 

あまり行ったことのない街に足を運ぶとき、できるだけ早く着くようにしているんです。

迷う時間のことを考えまして(^^;



早く着けば、近くのお店で資料を読むなど、時間的にも、精神的にも、余裕ができますから。

リラックスした状態で、先方さんと話ができるのが、なによりで。



みなさんが、一回も行ったことがない街に足を運ぶとき、早く行く方でしょうか。



コメントは、管理画面でお預かりした後、ブログにアップさせていただいています。

士業ブログランキング(社会保険労務士部門)に参加しております。
皆さんのワンクリックが、「毎日更新」の大きな励みです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

コメント

現状の把握

当然基本ですね!

友人と会う際は早く行く必要性は特に感じないのですが、クライアントやお客さんなどと会う場合は出来る限り早く着くようにしています。

話す場所の確保の必要性は勿論ですが、非常に混んでいる場合やわかりにくい立地の場合は見つからなくてなかなか会えない場合もあります。

特に初めて会う場合等はスマートに挨拶と案内(引率)が出来なければ信用の問題に関わります。

現場を知る。つまり現状を把握していることがビジネスの基本だと確信します。
仕事は準備が最も重要です。
よって、早く着くこと(下見)は準備の一環であり、怠ることは仕事を放棄する様なものだと思っています。

シンさま

>現場を知る。つまり現状を把握していることがビジネスの基本だと確信します。
>よって、早く着くこと(下見)は準備の一環であり、怠ることは仕事を放棄する様なものだと思っています。

そうですね!

下見や、早い時間の到着など、はじめて行く街でも、焦ることなく足を運んで、スムーズにお互いの話をすすめて。

小さな約束を積み重ねて、信頼関係を築いていきたいですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。