スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、ちょっと… 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

当面は団体職員として収入を得ながら、休日に個人の立場で、
ボランティアとしてNPOの労務サポート活動を始めていきたいです。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




最近、ちょっと眠いんですよ。

あさ目覚めても、何というか、すっきりとした目覚めではないんです。

ボ~ッとしながら、職場に行く日が続いております。










「何でやろ」と考えてた私。

「あ~っ、アレか」と思い当たる節が。












それは、SNSです(笑)。










私は、複数のSNSに加入してます。

自分で日記を書いたり、仲間の日記にコメントをつけたり。
もちろん、仲間のページにせっせと、あしあとをつけたり(笑)。






特に、自分が書いた日記はホント気になるんですよ。

「コメント、ついてるかな、ついてるかな」と、気が気でならない私。

やたらと更新したりして。








けなげに更新を繰り返して、私のトップページについた、
「日記に新着コメントがついています!」と赤の文字で書かれた
文を見たときの喜びといったら!








「どれどれ」と、さっそく私の日記へ。

仲間が書いたコメントに、さっそく返事のコメントを。

一方通行では失礼なので(笑)、仲間が書いた日記があるかどうか、
チェック。日記が書いてあれば、コメントの書き込みへ。

「おっと、他の仲間の日記も覗かないと」と思い立ったが最後。










他の仲間の日記にコメント→仲間が私の日記にコメントという、
エンドレス状態。










ここまでくれば、「寝る」という行為は、遥か彼方へ(笑)。








SNSをアテにして、お酒が進むこと進むこと。

おつまみは、いらないですね(笑)。







そうこうしているうちに、ふっと時計を見たら、夜中の3時。

「いかん、いかん、今日も仕事やのに」とあわてて、寝る準備に。





「でも、寝る前に私の日記にコメントがついていないか、
チェックしておこうかな」と、更新をしてみると。











赤の文字で書かれた「日記に新着コメントがついています!」











なかなか、寝られないです…。




そんな日々が続いております。




そりゃ、寝不足になるわけで。




皆さん、SNSをしていて、眠くなることはありません?




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

変わり目を楽しみたいです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

当面は団体職員として収入を得ながら、休日に個人の立場で、
ボランティアとしてNPOの労務サポート活動を始めていきたいです。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日も朝から自転車を飛ばして、最寄りの駅へ。

汗をフキフキ、電車を待ってたんです。






そんな中、「おやっ」と思ったんです。








蒸し暑い中にも、フッと涼しい風を感じたんですね。








そのときは、何とも思わなかった私。

仕事が終わり、電車に乗り込み、最寄り駅で降りた時、
今までにはない感覚だったんです。






暑さが和らぎ、涼しい風を感じ、空気全体が何か穏やか。
そんな感触があったんですね。






「やれやれ、暑さもやっと落ち着いたかな」と思いつつ、
いつものコンビニへ。

「さぁて、今日は何にしようかな」と物色。








そこに目についたのが、キリン「秋味」。









「あっ、もうこんな季節か…」と感慨深くなり、
思わず1本お買い上げ(笑)。






毎年、秋味を飲むと、「あぁ、秋がやってきたんやなぁ」と
しみじみ感じ入る私です。




皆さんは、どんな時に「秋」を感じます?




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

足を運んでよかったです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

当面は団体職員として収入を得ながら、休日に個人の立場で、
ボランティアとしてNPOの労務サポート活動を始めていきたいです。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は知り合いが活動する
NPO法人から、労務面の相談を受けています。相談内容は、初めて有給の
スタッフを採用するにあたっての手続きなどです。

詳しくは、最近数日間のブログをご覧くださいね。






今日は代休を取り、複数の役所に行ってきました。

あらかじめ、団体の概要、有給スタッフ雇用の要件、相談内容を
ペーパーにまとめてました。

そのペーパーをもとに、担当者に目を通してもらいながら、
相談に乗ってもらいました。






NPO特有の問題かもしれませんが、相談を受けたNPO法人が該当者
(以下、Aさん)を採用する際、Aさんが果たして労働基準法上の
労働者といえるかどうかが、1つの論点となっています。

Aさんの労働者性について、各機関の立場から、それぞれアドバイスを
受けました。

役所によっては、上席の担当者も窓口に出てきて、さまざまなやりとり
をしながら、見解をお聞かせいただきました。

判断が難しかった労働者性の取り扱いについて、より具体的に
アドバイスをいただけました。






受験生の時に勉強したことが、実際の現場でどのように解釈し、
運用したらいいのか、学ぶことができたんです。








足を運んでよかったです。








家に帰ってきて、気持ちがスッキリしましたね。






今後は、ペーパーに書き込んだアドバイスをまとめたり、
法令をもう一度確認して、自分なりの考えをまとめたいです。



最後までごらんいただき、本当にありがとうございました。

貴重な生の声 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

当面は団体職員として収入を得ながら、休日に個人の立場で、
ボランティアとしてNPOの労務サポート活動を始めていきたいです。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は、知り合いが働くNPO主催の懇談会に行ってきました。
今帰ってきたところです。ブログの更新が遅れ、申し訳ないです。

そのNPOは、各地域のNPOのネットワーク化などをめざす
協議会の事務局も担っています。






懇談会には、各NPOから20人を超える仲間だけでなく、
NPO施策を担当する行政関係者も参加。

NPOスタッフと行政関係者がNPOの現状や今後の施策などについて
意見交換を図る、貴重な機会でした。






ボランティアとはいえ、NPOの労務サポート活動を始める私にとって、
多くのNPO仲間と知り合えたのは、本当によかったです。

あわせて、行政の立場で、NPO施策をすすめる方々からの
生の声をお聞かせいただいたことも、貴重でしたね。






これからも、機会をみつけて、NPOの現場で活動する仲間と
直接会い、生の声を聞きたいです。

NPOの現場でどのような労務面の課題があるのか。
その課題に対して、私がどのようなかたちでお役に立てるのか。
自分なりに、考えていきたいと思います。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

準備はしっかりと 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




最近のブログでご紹介してきましたが、私は仲間が活動するNPOから、
新規スタッフ採用についての相談を受けています。

詳しいことは、8月22日付記事「夢じゃないんだ」などを
ご覧くださいね。
http://nposupport.blog92.fc2.com/#entry117






私がNPOの事務所にうかがい、自分なりの考えを申し上げるのは、
9月3日です。

今週は、その相談に対する回答を一生懸命考え、自分なりの考えを
まとめたいと思います。






今週水曜日は代休をとり、複数の役所に行き、担当者からのアドバイスを
もらいたいと考えています。

あわせて、家にあるNPOの運営に関する本を読み込んだり、
インターネットを活用したり。








準備は、しっかりと。








ボランティアとはいえ、仮に私が開業したとの前提で相談を受け付けた。
その前提で、自分にできる精一杯のことはやっていきたいです!

バタバタしながらも回答をまとめて、NPOに回答、説明する過程は、
ブログで随時お伝えしますね。




どうぞ、お楽しみに!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

落ち着かない1日でした 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は、社会保険労務士試験の本試験日でしたね。








感慨深い1日でした。








ご存知の方も多いと思いますが、私は昨年合格するまで、
8年間、社会保険労務士試験を受けてきました。




この時期に試験を受けることは、私にとって年中行事に
近い感覚だったんですね(笑)。








今年は試験を受けずに済み、「ちょっと、調べものでも」と
思ったんですが、何かソワソワしてしまうんですよねぇ。




頭の中では、本試験にのぞむ受験生仲間が思い浮かぶんですよ。




「そっか、今頃は全神経を集中させて、問題に取り組んで
いるところやなぁ。頑張ってほしいなぁ」



ついつい、受験生仲間に思いを馳せてしまうんです。










そうなると、「調べもの」には手がつかないですね。




本試験が終わる午後5時前までは、FMを聴きながら、
何をするでもなく、ただただ時間が過ぎていくのでした。




ホント、今日は落ち着かない1日でした。




合格者仲間の皆さん、今日はどんな1日でした?




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

場数を踏みたいです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




(昨日のブログの続きです)

正式にウォロ編集委員の仲間入りを果たして、2カ月目の私。

ここ2月間は、編集の流れをじっくり把握することを優先、おおまかな
流れは少しはわかったような気がします。






そこで、「もうそろそろ、執筆を担当しようかな」と考えてました。

原稿締切まで比較的余裕があり、テーマ的にも関心がある12月号特集の
執筆担当者の1人として名乗りをあげることに。








ついに、私も「ウォロ」デビューです!








特集記事は、何人かの編集委員が担当。問題意識を共有した上で、
各編集委員が複数のNPOへの取材などをおこなっていきます。

私は、とあるNPOへの取材記事を担当します。






勤務先では機関紙編集を担当していますので、ささやかな編集技術が
ウォロの取材・記事書きに少しは活かせるかな、と考えています。

でも、ウォロなりの編集体制があると思いますので、実践を通して、
ノウハウを得ていきたいです。








不安はありますが、「場数を踏みたい」です。








編集者として、ウォロ編集委員として、まだまだ若輩者の私。

経験がないなら、フットワークを軽くして、がむしゃらに実践を積み重ね、
その中からノウハウを見いだすのがいいかと、考えています。




そんなわけで、ウォロ12月号に私の記事が載るのを楽しみにしつつ、
いまから準備をすすめていきたいです。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

少しは慣れるかな… 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日、(社福)大阪ボランティア協会(以下、大ボラ協)が発行する
市民活動総合情報誌「Volo」(ウォロ)の編集会議に行ってきます。



大阪ボランティア協会(大ボラ協)は、1965年、全国に先駆けて誕生した
市民活動サポートセンターです。市民活動の“広場”として、“砦”と
して活動しています。大ボラ協は、市民活動支援の先駆者といえます。

http://www.osakavol.org/index.html




市民活動総合情報誌「Volo」(ウォロ)は、1966年に創刊された、
日本でもっとも歴史があるボランティア・NPO/NGO活動の総合情報誌の
1つであり、常に時代の一歩先を読み、新しい課題の発見や提言に
努めるオピニオン誌です。

http://www.osakavol.org/volo/index.html




先日、ウォロ編集会議を見学、編集体制に共感しました。

編集委員の先輩方のご承認をいただき、僭越ながらウォロ編集委員と
して微力を尽くすことになってから、2回目の編集会議の参加です。






現役の新聞記者や大学教員など錚々たる方々が顔を並べる編集委員の
皆さんの前で、かなり緊張の私。

今日は2回目の編集会議なので、少しは慣れたいですね。




編集会議のことは、あらためて詳しくブログで書きますね。

お楽しみに!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

「不安」を上回る「うれしさ、楽しさ」 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




(昨日からの続きです)

昨日(22日)、仲間が活動するNPOの事務所に行ってきました。

初めて有給スタッフを雇うので、その手続きなどについて、
相談に乗ってきたんです。

仲間といっても、NPO活動や企業での社会貢献活動では大先輩。
ですので、文章の流れによって、「仲間」または「先輩」と
両方使うかもしれませんが、ご了承くださいね。




今年5月に9年ぶりの再会をはたし、私が有給スタッフ雇用に
ついての相談を受けることに。

昨日まで、先輩とは何度かメールでやりとりをしてたんです。




実際にお会いして相談に乗る前に、NPOが抱えている悩みを把握し、
その悩みに少しでも対応できるよう、準備をしたかったんです。

ここ2、3日、労働基準監督署や社会保険事務所を訪問。
カバンには、相談内容をまとめた書類が2部。

相談窓口で、書類の1部は担当者に渡し、もう1部は私の手元に。






「わからないので、ちょっと教えてほしいんです」






この一言を口にするのに、ちょっと躊躇しました。






私は一応、社会保険労務士試験に合格してます。


でも、私は、労務分野の実務経験もないし、知識も抜け落ち、
実力は全然ないです。






自分の未熟さを真正面から受け入れ、担当者に頭を下げて、
アドバイスをもらうことに。

私が予想していた以上に、担当者の方は親切に、ていねいに、
アドバイスをしていただきました。




あわせて、「各種保険の適用の有無に関して、ポイントとなる
点を調べてほしい」との指示も受けました。

そのポイントを相談の際、先輩から詳しく話をお聞かせいただければ、
NPOの悩みにより的確に応えることができる。そう考えたんです。








相談の内容は、ボランティアとして活動している人の1人(以下、Aさん)
を有給で週3回、事務所の事務に携わってもらいたい。

Aさんは、現在勤めている会社(在宅勤務での雇用形態、各種保険に
加入、兼業可)と並行してNPOで働く。活動形態は雇用というよりも、
活動に協力する性格の方が強いかもしれない。

NPOでの労働時間は週20時間もいかないと思う。給与というより
謝金といえるかも。


相談は、ざっとこんな感じです。







いきなり、レアケースのオンパレードのような気が(笑)。
自分の実力のなさは、さておき…。







でも、不思議と「うれしいし、楽しい。ワクワク」しているんですよ。






夢にまでみた「ライフワークはNPOの労務サポート」の活動ができるんですから!






これがやりたくて、落ちても、落ちても、社会保険労務士試験を
受け続けてきたんですもの!!









「nobu、実務経験がないのに労働相談を受けて、不安じゃないの」との
ツッコミが入りそう、ですね。




確かに、不安ではないといったら、ウソになるんです。




でも、不安を上回るうれしさ、楽しさがあるんです。




まず、事前に大まかな相談内容を聞き、役所にいって相談に乗ってもらい、
アドバイスをもらうとともに、各種保険の新規適用の書類一式や
手続きの冊子をいただいたこと。



私は、正直に先輩に対し、こんなことを申し上げたこと。

「私は、社会保険労務士試験に合格してます。でも、労務分野の実務
経験はないんです。相談当日に的確なアドバイスはできないんです」

「時間はかかるかもしれませんが、一生懸命調べて、後日自分なりの
考えを申し上げます。ほんの少しでも、NPO仲間のお役に立てるなら、
本望です」

先輩のご好意で、私の考えを了解していただいてたんです。








次回、NPOの事務所にうかがうのは9月上旬。それまでに、相談内容を
まとめて各役所に足を運び、より詳しいアドバイスをもらいたいです。

あわせて、自宅にあるNPOの運営支援に関する本の読み込み、NPO支援を
おこなうNPOのホームページをしらべて、似たようなQ&Aが乗っていない
か、調査。そして、先輩社労士をはじめ、各分野に精通した仲間にも、
可能ならば相談に乗ってもらいたい。そう考えています。








いま、ふっと思ったんです。







「自分たちで解決しづらい、難しい労務問題だから、労務分野の
専門家である社会保険労務士(に合格した)私に声をかけてくれる」






NPO仲間からの熱い思いをしっかりと受け止め、次回の相談日までに
私にできる精一杯のことはやりたいです!

このブログをご覧いただいている、各分野に精通した仲間のみなさん。
もしかしたら、個別にご相談申し上げるかもしれません。その際は
お忙しい中、恐縮ですが、ご指導を賜りますよう、よろしくお願いします!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

「夢じゃないんだ」 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日のブログでは、「思わせぶりな」内容でスンマセン(笑)。



これからの取り組みについて、1日では書き切れなかったんです。









実は今日、知り合いの仲間が活動するNPOの事務所に行ってきます。



はじめて、有給のスタッフを雇うに伴い、必要な手続きなどについて、
相談に乗るんです。


















「ライフワークは、NPOの労務サポート」




















今日、ライフワークの実現に向けた本格的な活動が始まるんです。





















「夢じゃないんだ」


























いまでも信じられない気持ちと同時に、「いよいよ、やね」という
覚悟といった気持ちも。






夢にまでみたNPOの労務サポートが予想よりも早くはじめられたのは、
大きく分けますと2つの要因があると思います。



ひとつは、仲間を大切にしてきたことです。



今回、お声かけいただいた仲間は、私が9年前にあるNPOで活動していた
ときに知り合った方なんです。

今年5月にあるNPOの総会で、9年ぶりの再会が。

9年間、顔をあわせることはなかった2人が、偶然に出会い、
話がすすみ、今回の相談にむすびついたんです。



仲間といいましても、その方はある大手企業で社会貢献部門の責任者を
務めてこられた大先輩です。

私のような若輩者がまともに顔をあわせ、話ができるような方では
ないんです。

それでも、NPOというフィールドで一緒に志をともに活動してきたという
共通点でつながりあっているんです。




ふたつめは、「考えながら、行動」してきたことです。



私はこれまで、会員として支援しているNPOの総会には行ったことが
ありませんでした。

昨年、社会保険労務士試験に合格。これからNPOの労務サポート活動を
はじめるにあたり、実際にNPOを訪れ、NPO仲間と顔をあわせ、話をする
ことが大切だと考えたんです。

そこで、今年5月にはじめて、とあるNPOの総会に参加したんです。



総会では、久しぶりに出会うNPO仲間が1人、また1人と。

本当にうれしい限りで!

その1人が、先に申し上げた先輩なんです。



先輩と久しぶりに会い、私が「これからは、NPOの労務サポートを
ライフワークにしたいです。何かありましたら、お気軽にお声かけを
お願いします」と申し上げたんです。

そうしたら、先輩が「実は、あるNPOで活動していますが、これまで
全員がボランティアで運営してきたんです。そこで、はじめて有給の
スタッフを雇うことも考えています」と。

すかさず、私は「それなら、ぜひ私が相談にのりたいです。労働分野の
実務経験はありませんが、少しでもお役に立ちたいです」。



このようなわけで、今回の相談を承ることに。




















夢って、あきらめなければ、いつかは叶うんですね。



















その夢の実現に達する手段や時間は、人それぞれかもしれませんが…。



















いま、楽しいです!


















だって、夢にまでみたことができるんですもの!!

















これからも、「考えながら、行動」し、走り続けていきたいです!!!





















夢を大切にする、多くの仲間とともに。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

「いよいよ、やね」 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




この2、3日間、労働基準監督署や社会保険事務所、
地元の社会保険労務士会に行ってきました。









労働基準監督署や社会保険事務所には、ある案件にそなえて、
あらかじめ担当者におたずねしたり、必要な書類、手引きを
もらったり。




地元の社会保険労務士会には、入会に必要な書類をもらいに。








「nobu、なんでわざわざ役所などに行ったの」と思っている仲間も
きっといるはずです。




追々、おわかりいただけるかと。



「ちょっと、もったいぶらなくてもイイとちゃうか」とのツッコミ、
ありがとうございます(笑)。






いまの時点で言えることは、次の一言ですね。






















「いよいよ、やね」























NPOで活動してから、今日までずっと胸の中で大切にしてきたこと。


















勉強不足で社会保険労務士試験に落ち続けてきても、
1日たりとも忘れたことがなかったです。

















おかげさまで昨年、社会保険労務士試験に合格。



「考えながら、行動」を続け、少しづつですが、
自分が思い描いてきたことが現実になりつつあります。






















ある仲間が、こんなことを言っていました。















「夢は叶う。私はそう信じてます」



















私も同じ気持ちなんです。
















夢にまでみたライフワークを追い求めることができる幸せ。
















多くの方々の支えに心から感謝しながら、ライフワークの実現に
たとえ1ミリでも近づけるよう、頑張りたいです。





明日以降、少しづつですが、その中身を申し上げていきたいと思います。


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

受験生の皆さんへ(その2) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日の日記では、24時間テレビのことを書いてみました。

私が受験生の皆さんに何をお伝えできるのか、励ますことができるのか。

ずっと、悩んでました。

繰り返しになりますが、お許しくださいね。








受験生の皆さんは、社会保険労務士をとろうとしたきっかけが、
ありますよね?



社会保険労務士になってやりたいことが、ありますよね?



どうか、その志を、もう一度思い出してほしいんです。








いま、意識はもうろうとしているかもしれません。

「この日」のために、1年間頑張ってきたんですものね。

もう、フラフラといってもいいかもしれませんよね。






でも、あえて、志を思い出してほしいです。






シンドイけど、テキストをあと1ページ、1行、1キーワード、
読み込んでほしいんです。声に出してほしいんです。








昨日の続きですが、「ゴール」はもうすぐ。








最後の最後まで頑張りぬいてきた、すべての受験生の皆さんに。

私が8年間、声に出し続けてきた一言をお伝えします。
























「絶対合格するぞ!」




























ご健闘を心よりお祈り申し上げます。



最後までごらんいただき、本当にありがとうございました。

受験生の皆さんへ(その1) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




このブログをご覧いただいている受験生仲間は、少ないかもしれません。

でも、今日と明日の2日間、私のささやかな体験談と少しばかりの
エールを送りたいと思います。









今日(19日)は、24時間テレビを見てました。

欽ちゃんが24時間フルマラソンに挑戦している姿をみながら、
ある思いにふけってました。








振り返ると、社会保険労務士試験の試験日と24時間テレビの放送日が
重なっていたときが多かったような。



ええ、試験合格まで8年かかったベテランですから…。








試験帰りに大手スクールのスタッフが配る解答速報を受け取ったが最後。




やめとちゃいいのに、「パンドラの箱」を開けてしまう私。















選択式で、「1点」「2点」の科目があることが判明。












1年間、必死になって頑張ってきて取り組んだ試験。心身ともに
エネルギーを使い果たした私につきつけられた、冷酷な「現実」。







「また、あと1年か…」








虚無感と絶望の中、家へ。

何も言わずに、24時間テレビにチャンネルを。

ゴハンを食べる気にもならなかったです。




ようやく落ち着き、ゴハンに箸をつけようとするのは、
毎年午後8時30分頃だったような。

その時間に流れている曲は、ZARDの「負けないで」。
















声を出せませんでした。
















だって、悔しさで、グッと奥歯をかみ締めていたのですから。
















奥歯をかみ締めても、あふれ出る涙。
















際限なく頬をつたわり、ポトポトと机の上に1滴、また1滴。





















不合格には違いないけど、「あと1点」「あと2点」の気持ちが
先立ってしまったんです。




箸は、おかずをはさんだまま。




たいてい午後8時30分頃に流れることが多かった(と記憶している)
「負けないで」。












負けないで もう少し

最後まで 走り抜けて

どんなに 離れてても

心は そばにいるわ

追いかけて 遥かな夢を













このフレーズが流れた瞬間、トシも考えず、
「うっ、うっ、うわぁ~っ」と泣き崩れました。





















涙でテレビ画面は見えません。





















ただ、耳に入ってくる「負けないで」。





















「泣くなよ。自分が悪いんだから」





















納得させようとしても、自制心はとっくに失ってます。

















そんな場面を1年、また1年と…。

なんとか昨年、受験8年目で合格できました。




受験生仲間の皆さんはいま、心身困憊の状態だと思います。

そんな中、あえて私は皆さんに声をかけたいんです。




「なぜ、あなたは社会保険労務士試験を受けたのでしょうか」




もう一度、社会保険労務士を取ろうとした志を思い出してほしいんです。

意識がもうろうとした中、あらためて志を胸に秘めてほしいんです。







負けないで ほらそこに

ゴールは近づいている

どんなに 離れていても 

心は そばにいるわ

感じてね 見つめる瞳









欽ちゃんは午後9時5分、24時間フルマラソンのゴールをきりました。

24時間テレビの放送時間内には間に合わなかったけれど、
ゴールのテープをきった瞬間の欽ちゃんの笑顔といったら!!!




苦しい中での笑顔、でしたよ。





沿道や武道館の多くの観客のように、皆さんを支えてきた、
多くの仲間、恋人、家族、そしてともに頑張ってきた受講生仲間。




これまで支えてきた多くの方々のために。




なにより自分自身のために。




「ゴール」は、もうすぐです。




明日も、ささやかなエールを送りたいと思います。





最後に、一言。
















「絶対合格するぞ!」
















最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

また、逆戻りです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日は、10日ぶりの出勤でした。





朝6時30分に起き、いつもの電車に飛び乗り、遅刻しなかっただけでも、
「御の字」です(笑)。





昨日のブログでも書いたのですが、あさ職場に行くと、机の上は書類の山。



それらの書類を整理、事後処理するだけで1日が終わっちゃいました。



10日ぶりの出勤で、「仕事モード」全開にはならなかった私。
スンマセン…。
















今日は休み。



6日間の夏休みと同じパターンでした。
















ええ、「朝昼兼用」でしたが、それが何か(笑)。

















「またぁ」と、パソコン上の私のブログにツッコミをいれている方の
姿が思い浮かぶようです。

















ええ、その「またぁ」ですが、それが何か(爆)。

















今日はユルユルの1日になりそうですが、明日は休日出勤。




まぁ、今日はゆっくりさせてもらいますね。





夏休みをとって、久しぶりに仕事をした皆さん。

「仕事モード」の感覚、取り戻しました?


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

10日ぶりでした 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は、久々の出勤でした。

「職場に行くのは、なんか久しぶりやなぁ」と思い、
ついついカレンダーに目をやった私。















今日は、10日ぶりの出勤でした。

















どうりで(笑)。

















久しぶりの出勤にあたり、自分自身にいくつかの課題を。






まず、6時30分に起きる。

ええ、事務指定講習が終わったあとの6日間は、
「朝昼兼用」でしたが、それが何か(笑)。






次に、いつもの電車に飛び乗る。

カラダが出勤モードになっていないので、
どうしても動きが鈍いんですよねぇ。






最後に、遅刻しない。






「nobu、いまさら何を言ってるの。どれも、当たり前やないの」と
お怒りの方々の声がいまにも聞こえてきそうで。






お怒りの気持ち、ごもっともでございます。






そうはいっても、「職場復帰」への道は険しいわけで…。






ええ、何とか無事、課題をクリアできましたよ(当たり前ですが)。

今日、職場に行ってうれしかったのは、私の机があったこと(笑)。




いや~っ、うれしかったなぁ。




喜びもつかの間、机の上には書類の山。

ファイリングすれば事足りるもの、問い合わせに応える必要があるもの、
調べた上で回答するもの。

いろんな書類がいっしょくたに。






ええ、今日は書類整理で終わっちゃいました。

まぁ、アタマが仕事モードに切り替わる「過渡期」でしたね。






休みの時期や期間はそれぞれだと思います。

ブログをご覧のみなさんは、無事「仕事モード」に
アタマが切り替わりました?




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

おどろきの順位! 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




私はあんまり、自分のブログがヤフー検索でどのくらいの順位に
ランクしているか、気にしてないんです。

私のブログは今年5月1日に開いたばかり。

「毎日更新」がとりえで、ボチボチと日頃の話題を書き連ねている
だけなんですよねぇ。








そうはいっても、「私のブログはヤフーで検索すると、どの順位に
いるんだろう」と、ふっと思ってしまった私。

「どれどれ」と、ヤフーで検索することに。

















「NPO 労務」というキーワードで検索を。





「おっ、出た、出た」と1ページ目に注目。





「さぁて、私のブログはどこかなぁ」と思いつつ、下に目をやると。

な、なっ、なんと!















私のブログ「NPO労務サポーターをめざして」が!


























第9位に!!


























「うっそー!!!」と思わず叫んじゃいました。



















目の錯覚かと思い、もう一度、第1位から順に目をやりました(笑)。




やっぱり、第9位でした。





思わず、プリントアウトしちゃいました。





ついでに、WebページをPDFファイル化しちゃいました、ハイ。







感無量とは、このことを言うのでしょうね。








だって、1ページ目に乗っているのは、社会保険労務士事務所や
規模の大きなNPO、自治体が設置したNPO関連施設のホームページ。






お金も、人も、そして、時間もかけてつくった、「本気サイト」!






それに対して、私のブログは、自分が細々と、たわいもないことを、
凝りもせず毎日書き連ねているだけなんですよ。






いや~っ、世の中、わかんないものですね(笑)。






高ぶる気持ちが落ち着き、こんなことを考えちゃいました。




「なんで、私のブログがこんなに順位が高いんやろ」




素人なりに、いくつか考えてみました。






内容はともかく、毎日更新していること。

仲間がマメにコメントを書き込んでくれること。

ブログを開設し合っている仲間が、お互いにマメにコメントを
書き込んでいること。




こんなところでしょうか。




スンマセン、私はSEO対策のことはわかんないんで。









ひとつ言えること。

それは、多くの仲間が駄文を書き連ねている私のブログをご訪問
いただいていること。わざわざコメントをお寄せいただいていること。

多くの仲間の励ましが、この結果につながったと考えています。








いつも、私のブログを読んでくれて、本当に、本当に、ありがとう!!








この順位は、8月16日12時40分現在のものです。

明日以降は、ブログの順位が変わっている可能性が高いです。

でも、偶然であれ、このような奇跡の(笑)順位をもたらしてくれた
多くの仲間の皆さんの励ましをしっかりと受け止め、明日以降も、
「毎日更新」していきたいです。






いままで以上の叱咤激励を、どうぞよろしくお願いします!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

セミの音 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は過去8年間、
社会保険労務士試験を受けてきました。

8年ぶりの「夏休み」は家でゆっくり、のんびり、過ごしてます。








そんな中、ふっと私が耳にしたもの。








それは、セミの音でした。








昨年まで、この時期は朝から晩まで勉強漬けの毎日でした。

合格者仲間はみんな、「そうだ、そうだ」と思うでしょうか、
この時期は試験の直前。

精神的にも肉体的にも、疲れが限界に近づきつつありました(よね?)。








「今年の試験で落ちたら、また1年間、シンドイ目にあわなアカンわ」

そんな不安が頭をよぎっていました(合格者仲間の皆さん、そうでしたよね?)








試験前でまとまった時間をとって勉強できる最後のとき。








それが、夏休みでした。








セミが鳴き始めると自然に目が覚め、朝ゴハンもそこそこに、机へ。

静まり返った部屋の外から聞こえる、セミの音。








久しぶりに家でのんびり過ごしてるなか、聞こえてくるセミの音は、
最後の踏ん張りにかけていた受験生時代をふっと、思い出すんです。








受験生だったとき、この時期に思い出すのは、私にとってはセミの音ですね。



合格者仲間の皆さんは、何を見たり、聞いたりして、必死に頑張っていた、この時期のことを思い出します?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

堪能しました 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は今月7~10日、
大阪で事務指定講習を受けていました。


この4日間のうち、8日と10日の両日に有志の呼びかけによる
懇親会に参加してきました。


8日の参加者は23人、10日の参加者は56人という、大規模な
ものだったんです。




















私は懇親会に参加するにあたり、こんなことを考えていました。
















「あらたに知り合う仲間1人ひとりにあいさつし、名刺交換をしよう」

















2日間の懇親会で、あらたに手に入れた名刺は、約40枚。

















私にとって、宝物です。















以前から知り合いの仲間を含めると、ほとんどの仲間から
名刺をいただいたことになります。





























某勉強会代表の先生が、懇親会でこんなことをおっしゃっていました。


















「懇親会で多くの人たちと名刺交換するだけじゃなくて、その後にメールを送ることによって、今後のつながりができる」















先生のおっしゃるとおり、あらたに知り合った仲間へメールを
差し上げる作業をすすめてきました。


















それにしても、メールを差し上げる作業は結構時間がかかりますねぇ。


名刺を切らした方からは、手書きでお名前とメールアドレスを
教えてもらったんです。


その手書きのメールアドレスをもとにメールを送ろうとしたんですが、
何回試しても返ってくるケースも…。









私もそうなんですが、字体はどうしてもクセがありますよね?
「この字はrかな、それともnかな」と迷うことも。

また、メールアドレスのかわりにSNSでのニックネームを教えて
くれた方もいるんです。

それで、SNSでそのニックネームを検索すると。

























検索結果が、なんと1000件を超えることも…。

























さすがに、1000件をすべてチェックはできないです(笑)。




そういったときは、その方がどの仲間と仲良く話をしていたか、
じっくりと思い出すことに。




その仲間のマイミクに入っていることがあるでしょうから。




ええ、何件か、成功しました!




























ご縁があって知り合った仲間です。
















普段は会えなくても、ネットを通してつながっていたい。














そのように考え、あらたに知り合った仲間に対して、複数のSNSの
マイミクなどの承認申請のメールも同時に差し上げることに。
























えらいことになりました(笑)。





















お礼メールと、複数のSNSのマイミク申請メールを出すと、
とてつもなくメール発送の作業が!

















何がなんだか、わけがわからなくなってきました…。















なんとか、やりきりました!

















メールの総数は、60通はいきそうです、ハイ。


















堪能しました。















時間はかかりましたが、先生のおっしゃったことは、
実行に移せました。




かなりしんどかったけど、心地よい疲れ、という感じですね。




皆さんは、あらたに知り合った仲間から名刺をいただいたとき、
どのような対応をされます?

もしよかったら、教えてくださいね。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

8年ぶりの「夏休み」 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




私は今月7~16日まで、職場には行かないんです。

7~10日は、事務指定講習。11~16日は、夏休みです。

















上司には事情を説明して7~10日の休みをもらったものの、
17日の出勤の際、職場に私の机があるか、一抹の不安が(笑)。


















ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は8年間、
社会保険労務士試験を受けてきました。
















過去8年間、この時期は朝から晩まで勉強漬けの毎日でした。
















勉強から解放された夏休みを迎えるのは、8年ぶりなんです(涙)。




























「青春18きっぷで、あてのない旅でも行こうかな」と
思いましたが、あまりの暑さに萎えてしまって…。

そんな訳で、8年ぶりの「夏休み」は家でゆっくり、のんびり、
過ごそうかな、と。
















時間を気にせず思いっきり寝て。








FMを聴きながら、部屋の整理をしたり。








これからのことに思いを馳せたり。








夜はイッパイ呑みながら、複数のSNSで仲間の日記をのぞいたり(笑)。







皆さんは夏休みをどのように過ごしてます?



特に、ことし事務指定講習を修了した仲間の皆さんはいかが?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

とある宝物 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




私は今月7~10日、大阪会場で事務指定講習面接指導課程を
受けていました。








8日と10日の両日の夜、懇親会に参加してきました。

8日は23人、10日は56人もの仲間が懇親会に集まりました!








私は懇親会に参加するにあたり、「あらたに知り合う仲間1人ひとりに
あいさつし、名刺交換をしよう」と考えていました。








そして、いよいよ懇親会へ。








意気込んで懇親会の会場に足を踏み入れたものの、なかなか初対面の
仲間には声をかけづらいもの。


















それでも勇気を出して、声をかけて、名刺を交換して。

















せっせと、せっせと。





















帰りの電車に乗り込む際には、ヘロヘロ状態に。
















でも、充実感で一杯でした。






























2日間の懇親会で、あらたに手に入れた名刺は、約40枚。








私にとって、宝物です。









以前から知り合いの仲間を含めると、ほとんどの仲間から
名刺をいただいたことになります。









確かに、のべ80人の仲間と頻繁に顔を合わせることは難しいかも
しれません。






今回の出会いが、最初で最後の仲間もいるかもしれません。








でも、私はこんなことを胸に秘めています。





















「全国のどこかで、社会保険労務士の資格を生かして、
それぞれの夢にむかって頑張る仲間がいるんだ」





















この出会いを大切に。
















1枚1枚の名刺を宝物に。


















夢に向かって頑張る決意をあらたに。




















某勉強会代表の先生が、懇親会でこんなことをおっしゃっていました。

「懇親会で多くの人たちと名刺交換するだけじゃなくて、
その後にメールを送ることによって、今後のつながりができる」







先生のおっしゃるとおり、あらたに知り合った仲間へメールを
差し上げる作業をすすめています。




結構時間がかかるけど、コツコツとメールを差し上げたいです。











これまでに知り合った仲間と同時に、今回あらたに知り合った仲間と
出会えたのも、何かのご縁に違いないです。




このご縁を大切にして、夢にむかってお互いに頑張っていこうね!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

平成19年8月10日 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日(10日)は、事務指定講習面接指導課程の最終日でした。

これまでの3日間とは違った気持ちでしたね。

今日の講習が終われば、いつでも社会保険労務士として登録できますから。














この4日間、多くの先生方が各科目について詳しい説明をしていただき
ました。特に、実務面についての体験談をお聞かせいただき、本当に
役立ちました。






あわせて、これからの活動の示唆に富むアドバイスもいただきました。

「いろんな場に顔をだして、社会保険労務士の有資格者であることを
公表してほしい。そうすれば、質問がくるはず。その質問に対して
一生懸命調べて、相手が理解できるようにわかりやすく説明する訓練が
自分の血となり肉となる」

これから実務家として、あるべき姿勢を教わりました。


























最終日の講義は、午後4時20分に終わる予定でした。

その終了時間が近づくにつれ、これまでの8年間が再現フィルムの
ように、思い出されてきたんです。




















ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私が社会保険労務士試験
の勉強を始めたのは、平成10年秋でした。

ちょうど、今の職場に転職したころです。


















勉強不足で、不合格続きだった私。


















そんな私を支えたのは、ある思いだけでした。





























「ライフワークは、NPOの労務サポート」。





























NPOでの活動経験を通して、NPO仲間が自分たちの手で、社会的な課題を
解決するために志高く頑張る姿に共感しました。

そんな彼らが、もっと活動しやすくなるお手伝いがしたい。
それが、社会保険労務士をめざす大きなきっかけでした。


























あきらめるわけにはいきませんでした。

























平成18年11月、社会保険労務士試験に合格。
勉強を始めてから、8年の歳月が過ぎていました。


















8年前から現在までのことが、無意識に頭の中で再現されたんです。




























胸が締め付けられそうでした。



























こみ上げるものがありました。






























涙をこらえるのに必死でした。





























月並みなことばだけれど、「絶対合格するぞ!」との思いを持ち続けて
いれば、いつかは合格する。

つくづく、感じました。



















講義が終わり、連合会の職員の方が仲間1人ひとりに修了証を
手渡します。


















ついに、私の順番が。















私の受講番号と名前が読み上げられ、職員の方の前へ。




目の前には、修了証が。






まずは、右手で。次に、左手で。





感謝の気持ちで修了証を、しっかりと受け取りました。































平成19年8月10日。




























「ライフワークはNPOの労務サポート」に一歩近づいた瞬間でした。






























これからは、いかにして私が「考え、行動」するかにかかってきます。











自分次第です。














多くの先輩方や仲間の皆さんの叱咤激励をいただきながら、
「NPO労務サポーター」として一歩、また一歩、足を踏み出していきたい。



そのように考えています。
















最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

いよいよ最終日 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は、いよいよ事務指定講習の最終日。

















感慨深いものがあります。




















ちょっと、寂しさもあります。






















だって、同じ境遇で頑張ってきた仲間とも、これで…。


































いろんな思いを胸に秘めて、今日も行ってきます!













夜は、大懇親会(笑)。















きっと、ヘベレケになっていることでしょう。







































コワレテイルデショウ。








































したがいまして、大懇親会の様子は後日アップしますね!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

事務指定講習の懇親会(8日分) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日(8日)は事務指定講習が終わったあと、有志が集まり、
懇親会がありました。







20数人の仲間が集まり、懇親会が始まる前から熱気が。


私も負けじと、初対面の方々にごあいさつ。


「はじめまして。私は●●(本名)と申します。別のSNSでは、
●●●●●と名乗っています」と自己紹介を。











すると、「あっ、アナタが●●●●●!」とビックリする方が。

よくよく聞いてみると、私が普段から複数のSNSにて「あしあと」や
「コメント」をつけている方々でした。
















いや~っ、世間は狭いですなぁ(笑)。
















初対面の1人から、「あっ、●●●●●!いいキャラクターしてるやん!」と、ノリノリの女性が。

その人、どうも私のブログや日記、あちこちに書き込む「コメント」を
よ~くご存知のようで。
















もう、びっくり!


















だって、初対面ですよ。



















なのに、お互いに昔からのツレ状態(笑)。
















さぁて、その人は誰でしょう?



















「もしかして、ワタシ?」「その人は、●●●●さんでしょ!」と、
思い当たる節がある人は、恐れ入りますが、個人的にコメントなり、
お声かけくださいな(笑)。
















この人と出会って、こんなことを思ってしまいました。





















「この勉強会、こんなキャラクターの人ばっかりかなぁ」































ちょっと、勉強会に覗こうかなと思ってましたが、保留にさせて
いただきます(笑)。





















驚いたのは、私が複数のSNSでつながりのある仲間との出会いがあったこと。

それも、何人も!!

もう、びっくり!!!

















「あぁ、この人か。へぇ…」と、感じ入ってしまいました(先方さんも
同じことを思っているだろうなぁ)。









ネットつながりも大切だけど、リアルでのつながりも大切。
実際に会うと、より仲良くなれますからね。
















懇親会の中で、印象的なことばがいくつかありました。

某勉強会の代表がおっしゃった発言です。

「懇親会で多くの人たちと名刺交換するだけじゃなくて、
その後にメールを送ることによって、今後のつながりができる」


「開業するなら、近所の先輩社労士の先生方にあいさつして、
かわいがってもらうことが大切」


「実際に、多くの人と会うことが何より重要」


「登録してはじめて、社労士といえる。試験に合格しただけでは、
ただの有資格者だ」


「アホな社労士にはなるな」


「社労士としてのメリットは、自分で作り出すもの」
















グサッときました。















ドキッとしました。


















でも、その発言を拝聴しただけでも、懇親会に参加して良かった。
心の底から、感じ入りました。















この懇親会には、遠路はるばる広島からお越しの仲間が何人も。






確かに、大阪や京都でおこなわれる勉強会に毎月参加するのは、
キツイと思います。







今後再会するのは難しいかもしれないです。






だからこそ、私はこの懇親会で出会ったご縁を大切にしたいです。







だって、仲間ですもの。







「もしかしたら、再会するのは難しいかなぁ」と思うと、
ちょっと胸にせまるものがあります(トシを取ると、涙もろくなってね。ホント困ります)。

でも、何かのご縁でお会いできた仲間1人ひとりのことは、
私の心のフォトアルバムに保存しておきたいと思います。



















明日(10日)は、事務指定講習の最終日。

同じ教室で、同じ境遇の仲間が、同じ空気を共有することは、
もうないかもしれません。

















だからこそ、思いっきり息を吸い込みたい。


















名前も知らない多くの仲間の顔を、心のフォトアルバムに焼き付けたい。


















志を胸に、意気高く。


















事務指定講習の後は、大懇親会。思いっきり、語り合い、呑みまくります!





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。



いよいよ後半戦へ 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日は、5時30分起き。







「えっ、なぜ」って?







それはですね、教室に一番乗りして、自分にとって心地良い席を
キープするためです(笑)。


















昨日は、7時50分に会場へ到着。


受講生はもとより、連合会の職員もおりませんでした。




8時30分の開場とともに、一目散でお気に入りの席へ。


エエ、ゲットできましたとも。


























「他に頑張ることはないのか」って?







スンマセン、次元の低いことで必死になって。









これに懲りず、今日も教室一番乗りをめざしていきます(笑)。





















いよいよ後半戦へ。





二度と訪れない、この貴重な時間を、同じ境遇の仲間としっかりと
共有したいと思います。






そうそう、昨日は懇親会の第一弾があったんです。




ホント、有意義でした!




その様子は、今日のブログで書きますね。どうぞ、お楽しみに!!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

「勝手」がわかってきました 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日は、面接指導課程の1日目でした。














ちょっとドキドキしながら過ごした1日目。

自分なりに「勝手」がわかってきました。

「勝手」が分かってきた分、余裕を持って2日目の講義にのぞみたいと
思います。














そうそう、今日の夜は懇親会の第一弾!

久しぶりに会う仲間、初めて会う仲間。

1人でも多くの仲間と語り合い、刺激し合い、これから助け合いながら
頑張っていく、いい機会にしたいですね。
















では、今日も行ってきます!!



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

面接指導課程1日目(by大阪会場) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は、面接指導課程の1日目でした。

会場では、久しぶりに会う仲間と出会うこともでき、本当に
うれしかったです。

あと3日間あるので、今日は「家呑み」で抑えておきます(笑)。






さて、面接指導課程を受けて感じたことをいくつか。

最寄り駅から会場までのアクセス
私は、チサンホテル新大阪で講義を受けました。

連合会の文書にも案内図が載っていますし、最寄り駅のJR新大阪駅
付近は以前訪れたことがあるので、気持ち的に余裕を持っていました。

ところが、JR新大阪駅の改札を出てからチサンホテル新大阪まで、
意外に時間がかかることに気づきました。

明日からは、この歩きの時間も計算したいと思います。




教室について
教室は2つ設けられていました。指定された2階大ホールは、
定員130人ほどでした。

1つの机につき2人が座り、割とゆったり座れました。




受講生の到着時刻について
私は8時30分頃、教室に到着しました。その時点で、10人程度の
受講生が来ていました。

私は、いちばん後ろの方の席をキープしました。机は1つで、2人がけ
の机に座りましたので、あんまり窮屈さを感じなかったです。

明日も、狙いにいきます(笑)。

ちなみに、各机の端側の席は、9時前にはほぼ埋まっていました。

教室の開場時間は、8時30分となっています。




出欠確認について
2回ありました。1回目は、8時40分頃、受付にて受講票を担当者に
見せて、名前を申し上げます。

2回目は、16時30分の講義終了後に、各人が自分で1日目の
受講票を切り取り、受付の机の上にある箱(のようなもの)に入れます。




レジュメについて
各科目とも、10ページ程度でした。内容は、各手続きの見出しと
それに対応したテキストの該当ページが載っています。

「記載例」には載っていない書類や表なども盛り込まれていました。




講義について
午前中は健康保険法、午後は厚生年金保険法でした。

2人の先生とも、説明の中心は実務に関するものでした。

ご自身が体験された手続きに関する実務上の注意点や苦労された点など
を説明していただきました。

これらの実務上の説明を聴くことで、条文がいままで以上に身近に
感じることができました。

予想以上に、聴きごたえのある講義で、とても満足しています!





特に、年金時効特例法の説明は、受講生の反応が良かったです。
先生が、お母様の未支給年金の支給を求める手続きをされた体験を
説明されたんです。

「おっ」という感じで、メモを取る姿があちこちで見られました。

何せ、私はいちばん後ろの席に座ってましたので、他の受講生の
反応がよくわかるんです(笑)。




休憩時間について
10時55分と、14時55分の2回ありました。




クーラーの設定について
クーラーは結構きいていました。暑がりの私でも、「結構涼しいなぁ」
と感じたくらいですから。

女性の中には、薄手のカーディガンやパーカーなどをはおっている
人が少なくなかったです。

特に、冷え性の方々にとっては、クーラー対策をされた方がいいかも。




昼食について
チサンホテル新大阪は、ホテル側の都合により、教室や廊下で食事を
取ることができないそうです。

ホテル内にはレストランがありますが、結構混んでいました。

私は、ホテルの目の前にある某牛丼屋にて親子丼をいただきました。
場所がいいからか、丼をいただくまで待たされました。

私が知らないだけかもしれませんが、ホテル付近には飲食店はあまり
見かけなかったような気がしました。




男女別、年齢別の属性について
私の教室は、男性6:女性4の割合だったと思います。

男性は30~50歳代、女性は20~30歳代の方が多いように
感じました。

ほとんどの方が、カジュアルな服装でした。スーツを着ている男性は
2、3人でした。




印象的なことばについて
ある先生は、次のようなことをおっしゃっていました。

「本当にやりたいと思うなら、少々の我慢もできるし、楽しく
(社労士としての活動を)過ごせる」

「市場がどうというより、自分が(社労士としての活動を)やりたいか
どうかが重要」

「中小企業の事業主は、孤独な立場の人が多い。事業主は、自分の
話を聞いてくれる人を望んでいる。社労士は、そんな事業主の話を
聞くことも大切な仕事」

「実務は、実際にやってみないとわからない。そのためには、本を
読むことはもちろん大切だが、職場内でも自分からすすんで(労働
保険や社会保険など)実務経験を積める場に近づいていかないと
いけない」

これらの貴重なアドバイスを頂戴できただけでも、講義を聴いた甲斐が
ありました。




以上が、私が感じた面接指導課程の感想です。あくまでも、個人的な
主観が含まれている旨、ご了承願います。




さてと、「一仕事」終わったし、イッパイ呑むとするか。

そうそう、明日は懇親会の第一弾があるので、ほどほどにしときますね!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

夢じゃないんだ 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日のブログでも書いたとおり、今日から4日間、全国社会保険労務士
会連合会が開催する事務指定講習の面接指導課程を受講します。

この面接指導課程を修了すれば、いつでも社会保険労務士としての
登録ができるようになります。














この講習を受ける日を、どれだけ待ったことか。














この講習を受けるために、8年間、頑張ってきたんですもの。
















夢のように思えた講習。















いま、その受講する自分がちょっと信じられないんです。



















でも。



















夢じゃないんだ。




















他の人たちよりも、合格までの道のりは遥かにかかったけれど、
いまとなってはいい思い出。

過去8年間の自分と、未来の自分をむすぶ、貴重な4日間にしたいです。










今日は懇親会の予定はありませんが、「サプライズ」が入るかも。
そうなると、ブログの更新があやうくなるので、朝にブログを更新します。




余裕があれば、夜もブログを更新するかも?




そうなると、ブログ開設以来初の1日2回更新(笑)。




さて、どうなることやら。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

過去と未来をつなぐ4日間 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今月7~10日、全国社会保険労務士会連合会が開催する事務指定
講習の面接指導課程を受講します。

面接指導課程は、ざっくばらんに言えば、大教室で労働基準法などの
各科目の講義を受けることです。

以前、通信指導課程は受講しています。通信指導課程は、各科目の
課題を解いて連合会に送り、添削指導を受けることです。








私は、面接指導課程を修了してはじめて、社会保険労務士としての
登録が可能となります。















私が社会保険労務士試験の勉強を始めたのは、平成10年秋です。

昨年の社会保険労務士試験で合格しました。

合格に費やした期間は、8年間。


















この8年間を支えたのは、「ライフワークは、NPO労務サポーター」と
して、NPOの労務面でのサポートをしたい。その志だけでした。


















社会保険労務士試験にかけた反面、失ったことや、あきらめたことも
少なくなかったです。

















でも、後悔はしてないです。
















他の人よりも遠回りしたけれど、念願の合格を手に入れたから。
ライフワークの実現に一歩近づいたから。

いまは、充実感でいっぱいです。



















明日からの4日間は、過去の自分と未来の自分をつなぐ、貴重な
時間になると思います。

8年間の過去を振り返りながら、これからの生き方を考えていきたいです。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

一から学ぶ 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日、(社福)大阪ボランティア協会(以下、大ボラ協)が開催する
NPO法人の設立・運営に関する説明会に行ってきました。

大阪ボランティア協会(大ボラ協)は、1965年、全国に先駆けて誕生した
市民活動サポートセンターです。市民活動の“広場”として、“砦”と
して活動しています。大ボラ協は、市民活動支援の先駆者といえます。

http://www.osakavol.org/index.html





僭越ながら、大ボラ協が発行する市民活動総合情報誌「Volo」(ウォロ)の
編集委員として微力を尽くすことになったんです。詳しくは、7月1、3、
7、26、27日付記事をご覧いただければうれしいです。

市民活動総合情報誌「Volo」(ウォロ)は、1966年に創刊された、
日本でもっとも歴史があるボランティア・NPO/NGO活動の総合情報誌の
1つであり、常に時代の一歩先を読み、新しい課題の発見や提言に
努めるオピニオン誌です。

http://www.osakavol.org/volo/index.html





私は短い間でしたが、NPOで活動したことはあるんです。

それでも、これから「NPO労務サポーター」として活動を始めるにあたり、
あらためてNPOのことを理解したいと考えたんです。






当日は、3つの説明会に出席しました。

1、はじめてのNPO説明会
 NPOの基礎や法人化のイロハが学べます。

2、NPO法人の組織のきほんを考える説明会
 NPOらしい組織設計、定款づくりの視点が学べます。

3、NPO法人になったらやること説明会
 法人化後に押し寄せる手続き、経理・労務の実務が学べます。






NPOの概念から、設立後の運営実務まで、経験豊かな事務局スタッフの
皆さんが、ていねいに、わかりやすく説明していただきました。

事務局スタッフの皆さんは、普段からNPO関係者らからNPO法人の
設立や運営に関する相談を受け、アドバイスをおこなっています。

そういった点で、事務局スタッフの説明は非常に説得力があります。






実は、すでに説明を聞いたことのある説明会もありました。
2回目の説明でも、知識がより着実についたとの実感がありました。

「NPO労務サポーター」として活動するには、NPOのことをはじめ、
労務面だけでなく税務面や会計面などもある程度は知っておく必要が
あると考えています。

そんな私にとって、とても役に立った説明会でした。






説明会は、各2時間ずつの開催。休憩をはさみ、合計6時間の
説明でした。好きで受講したとはいえ、ちょっと疲れました…。






大ボラ協は、さまざまな説明会や講座を開いています。NPOや
コミュニティビジネスなどについて興味のある方は、説明会などに
参加をご検討いただいてもいいかな、と思います。

詳しくは、上記の大ボラ協のホームページをご覧下さい。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

助かりました! 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日、ブログを書き込もうとしたら、キーボードと異なる数字が
画面に出てきて困った私。

「どうしよう…」と途方に暮れていました。











そんな中、やまゆりさんからのコメントが。

今日、家に帰ってから、コメント通りに操作すると…。













やりました!

いつもの通りに文字が打てました!!

やまゆりさんのおかげです。助かりました!!!

本当にうれしいです(涙)。













所用で朝から大阪に向かう電車の中で、「私の初代デル君も終わりか」
などと、思いつめていました。いや、ホントに。

今となっては、もっと冷静にキーボードを見つめてたら、
こんなに思いつめることもなかったでしょうに。













今日は、赤霧島で乾杯(笑)。











「えっ、森伊蔵はどうした」って。











いや、別にいいんですよ。来月以降の当選にかけてますから。






実は、今日の「成果」について書こうかと思いましたが、また明日に。

今日は、赤霧島で祝杯をあげたいんですもの(笑)。










幻の紫芋「ムラサキマサリ」を100%使用。風雅な甘みと華やかな
香りは唯一無二の味わい(byラベルをそのまま記載)。

森伊蔵には及ばないものの、限定モノといわれている赤霧島。

残り3本ですが、今日はパソコン復活記念としてロックで呑みます。













「乾杯、ジブン!」と音頭を。一口、また一口。

う~ん、雅の味わい(byラベルより)。


















「えっ、寂しくないか」って。




















いや、別に。


















1人が悪いでしょうか。


















ヒトに迷惑かけていません、よね。




















これまでも、そして、これからも、自分に正直に。




















こんなnobuへの祝福は、コメントで十分でございます(笑)。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。