月別アーカイブ

 2007年06月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまざまな「気付き」を発見(その2) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。



(昨日からの続きです)
私は、コーチングを受けています。コーチは、社会保険労務士の
森田舞さんです。

コーチングは、今年1月から受け始めました。

1か月に2回、コーチングを受けて、あっという間の半年間でした。










コーチングは、相手の話を聞いたり問いかけをする中で、
目標や実現に向けた意思を相談者自身に気付かせたり、
潜在的な力を発揮できるように後押しする技法です。

スポーツ指導者や職場の組織管理、身近な人間関係といった、
幅広い分野での応用に関心が広がっています。










なぜ、私がコーチングを受け始めたのか。
それは、私が今後の進路について悩んでいたからです。



私は、NPOの労務サポートをライフワークにしたいと考えています。
社会保険労務士試験に合格するまでの8年間を支えていたのは、
「ライフワークは、NPOの労務サポート」という志だけでした。

合格後、NPO支援に携わっている先輩社会保険労務士の先生方や、
NPOの専従スタッフとして働く仲間に、相談に乗ってもらっていました。

相談の中で、わかったこと。

それは、「NPOの多くは、労務サービスにお金を出さない、出せない。
労務サービスの必要性をあまり感じていない」ということでした。













「いままで、何のために頑張ってきたのか」













途方に暮れてしまいました。











そんな中、森田さんがコーチングをおこなっていることを知り、
申し込んだ次第です。










森田さんご夫妻は、長野市で社会保険労務士・行政書士・コーチングの
事務所「もりたサポート・オフィス」を開設しています。

ブログ「もりたサポート・オフィスの出来事」
http://morisapo.naganoblog.jp/



森田さんは、社会保険労務士試験の受験や事務所開設に関する
情報の少なさに苦労していました。

そこで、森田さんはメルマガを通して、社会保険労務士試験の受験や
事務所開設に関する経験談を惜しげもなく発信してこられました。

ブログ「めざせ開業ダッシュ!社労士・行政書士事務所開業中!!」
http://www.mag2.com/m/0000116999.html




私自身、社会保険労務士試験の受験や事務所開設に関する経験談を
知りたいと、いつも感じていました。

そんな中、森田さんご夫妻が貴重な情報を発信していることを
知りました。

私は、森田さんの勇気と努力に対し、心から尊敬しています。



そんな森田さんがコーチングをおこなうことを知り、申し込んだ
次第です。











では、コーチングはどのようにすすめるのか、私は何に
「気付いた」のか、今後の進路について、どのような結論を出したのか。




これらのことは、あらためて書きたいと思います。




どうぞ、お楽しみに!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

さまざまな「気付き」を発見(前振り編) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




私は、コーチングを受けています。コーチは、社会保険労務士の
森田舞さんです。

コーチングは、今年1月から受け始めました。

1か月に2回、コーチングを受けて、あっという間の半年間でした。









コーチングの良さは、人(コーチ)がいることで、「自分自身を
発見」したり、「気付き」をもたらすことができることです。

多分、私が1人で考えるだけでは解決策が出てきそうにないことが、
コーチングを受けることで「自分自身で結論を出す」ことができます。










では、コーチングとは何か。なぜ、私がコーチングを受け始めたのか。
私は何に悩んでいたのか。コーチングを受けて、何が良かったのか。

これらのことは、あらためて書きたいと思います。











「えっ、nobuにしては、あっさりとした日記では」と思った貴方。









その通りです。








なぜかって?








実は、ワタクシ、ちょっとお疲れ気味なんです。








毎日、仕事やら、プライベートやら、いろんなことをこなしていると、
いろんなことがありますよねぇ。









時には、詳しく日記を更新する気力が足りないことも…。








ごめんなさい。今日は、この辺でご勘弁くださいね。











最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

お互いにつながり合いたいです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




このブログは、5月1日に開設しました。

「毎日更新」が唯一のとりえですが、何とか更新できています。
これも、ブログをご訪問いただいたり、コメントをお寄せいただいたり、
会ったときに「ブログを見てるよ」と声をかけていただいたり。






皆さん1人ひとりの励ましのおかげです。






本当に、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。






どうも、ありがとうございます!






そんな私を支えてくれている仲間の中には、ブログやホームページを
開設している人も少なくないです。











私は、多くの仲間とつながり合いたいと考えています。

喜びは、仲間みんなで広げ、大きくしたいです。

悲しみは、仲間みんなで共有し、その悲しみをやわらげたいです。










そこで、もしよろしければ、私のブログと相互リンクしていただける方
を募集したいと思います。

私のブログは、NPOや社会保険労務士に関する内容が多いです。
同時に、お酒、甘いもの、旨いもの、ウロチョロ、スポーツクラブ、
ダイエットなど、できるだけ幅広い内容のブログにしていきたいです。

したがいまして、相互リンクにご協力いただける方のブログは、NPOや
社会保険労務士関係に限らないです。

どうぞ、ご遠慮なく、お声かけいただければうれしいです。お問い合わせも大歓迎です。





どうぞ、よろしくお願いいたします!





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

本当に役立ちました 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




6月19、24、26日付記事で申し上げましたが、私は実際に仕事を受注し
たとの想定で、労働保険・社会保険の新規適用手続きの作成に挑戦します。

これは、開業社会保険労務士の友人が受注した事例について、
仮に私が受注したものと想定して取り組むものです。




今日、初めてこのブログをご覧になる方もいらっしゃるかもしれない
ので、念のため下記の点について申し上げたいと思います。

私は事例にもとづいて書類を作成しますが、役所に提出する書類は、
友人が作成します。個人情報の取り扱いは十分配慮します。その他、
法令順守にのっとるのは、言うまでもありません。









今日、友人の事務所で書類作成に臨みました。

労働保険・社会保険の新規適用に必要な書類を確認。その上で、
手引きを参考にして、書類を作成していきます。






事務指定講習でも作成したのですが、いざ本物の書類を目の前にして
各項目を書き上げるとなると、本当に「構えて」しまいます。

仮に、私が開業して仕事を受注したとします。いま、目の前にある
書類を完璧に仕上げ、役所に滞りなく提出してはじめて、お客様から
代金を頂戴できるわけですよね。









疑似体験とはいえ、かなりの緊張感です。









私の不手際で、ある書類の1箇所を間違えてしまいました。

友人いわく、「間違った箇所は二重線で引っ張って、その上に正しい
情報を記入することもできる。でも、書類の控えはお客様にお渡し
する以上、訂正なしの方が良いと思う。悪いけど、もう一度書類を
書いてくれるかな」とのこと。

お金をもらって書類作成をする厳しさが、垣間見えました。









書類は、住所や氏名などお客様の情報を記載する箇所が意外に多い
ことが、あらためて感じました。

それらの情報は、間違えずに書類に書くこと。当たり前のことかも
しれませんが、未経験者の私にとって、新たな発見でした。





書類の中でも、いま書くべきか、それとも役所へ提出する際に書けば
いいのか。そういった判断に迷う箇所もいくつかありました。

あいまいな箇所は、うすくシャーペンでマルを付け、開業社会保険
労務士の友人にたずねていきました。






従業員の年金番号など一部の情報は、友人が後日、お客様の事務所へ
足を運び、入手するとのことでした。

それらの情報を除いて、書類作成がほぼ仕上がったのは夕方になって
いました。書類作成は朝9時から始めて、あっという間の1日でした。








疑似体験とはいえ、貴重な経験をさせてもらうことができました。

必要な書類は何か。どの役所に行けば、それらの書類が手に入るのか。
書類には何を書けばいいのか。添付書類は、どんなものが必要か。
お客さんからは、どんな情報を提供してもらう必要があるのか。

これら一つひとつのことをきちんと実行することの大切さが、つくづく
感じました。






今回の貴重な経験は、友人の提案があったからこそです。友人には、
感謝の気持ちでいっぱいです。

今日の書類作成の体験をもとに、自分なりにもっと勉強して、手続きを
あまりご存知でない方にもわかってもらえるような説明やマニュアル
づくりができれば、と思います。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

実際の相談のつもりで(その3) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




6月19、24日付記事で申し上げましたが、私は実際に仕事を受注した
との想定で、労働保険・社会保険の新規適用手続きの作成に挑戦します。

これは、開業社会保険労務士の友人が受注した事例について、
仮に私が受注したものと想定して取り組むものです。

私は事例にもとづいて書類を作成しますが、役所に提出する書類は、
友人が作成します。個人情報の取り扱いは十分配慮します。その他、
法令順守にのっとるのは、言うまでもありません。









いよいよ明日、友人の事務所で書類作成です。









私は「開業直後かつ実務経験なしの立場で、新規適用の仕事を受注した」
との前提で準備をすすめてきました。




労働基準監督署や社会保険事務所へ足を運び、新規適用の書類や
手引き一式を入手。

書類にじっくりと目を通しては、インターネットやマニュアル本で
調べることの繰り返しでした。









「この書類をきちんと作成し、役所に提出してはじめて、お客さんから
お金をいただける」との気持ちを忘れずに。









確かに、疑似体験かもしれません。でも、仮に独立開業したケースを
想定して、書類と向かい合ってきました。









この体験ができたのは、開業社会保険労務士の友人のおかげです。

「仲間は、ありがたいなぁ」

つくづく感じます。









明日の書類作成と、友人からのアドバイスが楽しみです。

私の奮闘(笑)の成果は、あらためて日記でお知らせしますね。




ちなみに、今回のように、有資格者が登録社労士のもとで疑似体験を
おこなうケースはあるのでしょうか。

インターンといった大そうなものではなく、例えば新規適用など
単発の手続きの疑似体験をおこなうといったケースです。

もしご存知の方がいれば、ぜひ教えて下さいね。

また、今回のケースについて、率直な声をお聞かせいただければ
うれしいです。よろしくお願いします。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。


最近、大活躍です 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




最近、個人的にはちょっとしたネットブームです(笑)。







5月1日にこのブログを立ち上げました。なんてことはない内容を
書き連ねてますが、「毎日更新」が唯一のとりえです。

「他にやることはないのか」という声も聞こえるような…。







そして、複数のSNSに加入しました。

これも、なかなかオモシロイ。







開業セミナーや勉強会で出会った仲間が、お互いに社労士活動を
はじめ、日常のことを情報発信。

それらの情報に対して、仲間がコメントを。

普段、顔をあわせることはなかなかないけれど、ネットを通して
つながりあっている。

いまの時代に合った、1つのコミュニケーションの良さを
遅ればせながら実感。







最近は、携帯でブログやSNSのチェックをすることも。







「ちょっと、やり過ぎかな」とは思います。

でも、朝晩の通勤時に電車の中で、携帯でブログやSNSのチェックを
すると、これが結構ハマッてしまいまして。

電車に乗っている時間が、あっという間に過ぎてしまいます。







うれしいことに、私が情報を発信したブログやSNSに対して、
仲間からコメントが寄せられることが、少しづつ増えてきたんです。







本当に、ありがたいです!







仲間からのコメントに返事をしていると、時間が経つのが
早いこと、早いこと。

どうりで最近、携帯を充電するローテーションが早いわけで(笑)。

私の携帯は、P902iです。最新タイプには機能は及びませんが、
まだまだ働いてもらわないと…。







そんなこんなで、ちょっとしたネットブームに振り回される
我がP902iクンをいたわりつつ、仲間同士のつながりを楽しみ
たいと思います。




皆さんは、携帯で仲間のブログやSNSをチェックすることはあります?
1人でもいたら、うれしいな。

だって、「私1人だけじゃなかったんだ」と開き直れますから(笑)。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

実際の相談のつもりで(その2) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。



6月19日付記事「実際の相談のつもりで(その1)」でご紹介した
とおり、私は実際に仕事を受注したとの想定で、労働保険・社会保険の
新規適用手続きの作成に挑戦してみます。

これは、開業社会保険労務士の友人が受注した事例について、仮に
私が受注したものと想定して取り組むものです。







私は事例にもとづいて書類を作成しますが、役所に提出する書類は、
友人が作成します。個人情報の取り扱いは十分配慮します。その他、
法令順守にのっとるのは、言うまでもありません。







仮に私がこの案件を受注したとして、何をすべきか考える、いい機会
だと思います。

先日、労働基準監督署と社会保険事務所に行き、労働保険と社会保険の
新規適用の書類一式をもらいました。

手続きの小冊子をじっくりと目を通し、必要な行為を1つずつ確認。
書類作成や必要な添付書類の準備方法まで、自分で考えていきたいです。







近日中に代休をとり、友人の事務所で書類作成に取り組みます。
私が作成した書類と、実際に役所に提出する友人作成の書類と比べ、
どの点を注意すべきか、じっくり検証したいと思います。

友人のありがたい提案に感謝しつつ、今回の貴重な経験をスキルアップ
に活かしていきたいです。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

でんきを消してスローな夜を(その2) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。



(昨日からの続きです)

昨日(22日)の夜、とあるNPOが主催するCandle night Liveに行って
きました。

このライブは、「100万人のキャンドルナイト」キャンペーンに
共鳴して開催するものです。







100万人のキャンドルナイトとは、2007年の夏至の日、6月22~24日
夜8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消し、
スローな夜を過ごそう、というものです。

100万人のキャンドルナイト実行委員会のホームページです。
http://www.candle-night.org/







ライブ会場は、とあるNPOの事務所。お客さんは、30人ほどいたと思います。

でんきを消し、フェアトレードのキャンドル、和ろうそくの灯を灯します。

IMG_0537.jpg

ろうそくの灯が、ゆらゆらと揺れてます。







なぜでしょう。ろうそくの灯を見つめていると、気持ちが落ち着くんです。

控えめだけど、あたたかみを感じ、ホッとする。そんな感じです。

見えるものがはっきり見えない反面、例えば人と人との関わり、
人と自然との関わりなどをふっと、考えさせられました。










IMG_0531_2.jpg


演奏の様子です。

ろうそくの灯だけではかなり暗いので、デジカメ撮影時はフラッシュを
つけて写しました。

楽器で言葉を奏でているような、ジャンルも、国も、枠もこえた
フロシキというユニットの音色は、いつの間にかお客さんと空間を
自然へと誘いました。

フロシキの音色は、例えて言うと私たちが大地で自然とともに
生きていることを実感させる。そんなイメージです。

人間も、自然も、ともにこの地球上でいっしょになって生命を宿して
いる。そんなことを感じされられました。







100万人のキャンドルナイトは、6月22~24日の夜8~10時の2時間、
でんきを消してスローな夜を、という提案です。

みなさんの家でも、ためしにスローな夜を過ごしてみたらいかが
でしょうか。

そんな訳で、いつもと比べて早めに日記を更新してみた私でした。
キャンドルナイトを試された方の感想を心よりお待ちしてますね。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

でんきを消して、スローな夜を。 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日の夜、とあるNPOが主催するCandle night Liveに行ってきます。

このライブは、「100万人のキャンドルナイト」キャンペーンに
共鳴して開催するものです。






100万人のキャンドルナイトとは、2007年の夏至の日、6月22~24日
夜8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消し、
スローな夜を過ごそう、というものです。






100万人のキャンドルナイト実行委員会の呼びかけ文です。

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2007年の夏至の日、6月22~24日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。

それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。







仲間が働くNPOは、100万人のキャンドルナイトに共鳴し、ライブを
開きます。

「フェアトレードのキャンドル、和ろうそくの灯を灯し、ゆったりと
音を楽しみ、和める空間を演出する」そうです。

ライブの感想は、あらためて日記でアップしますね。






ちなみに、100万人のキャンドルナイト実行委員会のホームページです。
http://www.candle-night.org/



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

最近、ちょっと気になります 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日の朝もいつものように、電車に飛び乗りました。

仕事の都合で、大阪の業者へ直行です。







そこまではいいのですが、ある駅で電車が止まっちゃいました。

「信号待ちかな」と思っていましたが、一向に電車が動く気配が
ないんです。

今日はたまたま、いちばん前の車両に乗り込み、運転手の後ろに
陣取ってました。















イヤな予感がしました。















当っちゃいました。















しばらくすると、車掌のアナウンスが。

「先方の〇〇駅で事故が発生しました。したがいまして、上り線、
下り線とも、運転を見合わせております」










あらら~。










あきらめの境地です。










というのは、私が利用するJR神戸線は、ちょこちょこ事故などで
ダイヤが乱れることが少なくないんです。

JR神戸線は神戸方面と大阪方面を結ぶ路線で、JR西日本の中では
利用者が多い路線なんです。

JR神戸線で事故が起こると、ダイヤが大幅に乱れ、多くのお客さんに
影響します。










一旦、電車に乗り込んでしまいましたので、いまさら「降ります」とは
言えないんです。

それに加えて、自宅の最寄り駅から途中の駅までの唯一の公共交通
手段は、JRなんです。

そのJRが動かないと、どうしようもない訳で。










まさか、走って大阪の業者まで向かうわけにはいかないし。
「24時間フルマラソン」ではないんですから。










このままだと、予定の時間に業者の事務所へうかがうのが難しく
なってしまいます。

応急処置として、業者へ電話を。事情を話して、遅れるかもしれない
ことを伝え、了解を得られました。










「まぁ、なるようにしか、ならないわ」










と待っていると、思ったよりも早く、電車が動き出しました。

JR大阪駅に着くと、走りに走ってバスを乗り継ぎ、なんとか予定の
時間に業者の事務所にうかがうことができました。










「私はたまたま、ダイヤの乱れに遭遇するのかな」と、ふと思って
しまいました。










ブログをご覧の皆さんは電車に乗るとき、事故などでダイヤの乱れに
遭遇することはあります?

そういえば、昨日の記事では、たっくんさんがコメントで、同じ経験を
されたと書き込んでましたね。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

やっぱり落ち着きます 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




私は通勤の際、電車を使います。

いつの間にか、電車に乗る時間帯や、乗り込む車両が決まってきます。

ちなみに、私は7時59分発の電車の最後尾車両に乗ります。
車両のいちばん後ろの隅に立つのが、私の定番。







「えっ、なんで決まった場所に乗り込むのか」とのツッコミが入りそう
(「イヤ、別に」とおっしゃらずに。話が止まっちゃいますから)。







最後尾の車両は比較的お客さんが少なく、混雑度がマシなんです。

いちばん後ろの隅は、右側と後方が車両の壁によりかかりることが
でき、つり革をつかまなくても安定した姿勢を保てるんです。

立っているのは、眠気覚ましです(笑)。







そうは言っても、たくさんのお客さんが乗り込む朝のラッシュ時のこと。
私がお気に入りの場所に先客がいることも。

そんなときは、別の場所で立ちます。ですが、何か違和感があるんです。







習慣って、ある意味コワイですね。

何となく、気持ちがスッキリしないんです。







で、翌日、いつもの時間に、いつもの電車の、いつもの車両に乗り込み、
私の定番の場所が空いていたときの喜びといったら!

「ココは、私の陣地。ダレニモユズレナイ」

あらためて、決意を固めたりして。


















ワタクシ、何を語っているのでしょうね。













たかが、電車で。













それも、立つやら、陣地やら。













他にやることがないのでしょうか。













いい年こいた男子が。













電車で職場に通っている皆さん。お気に入りの「陣地」って
ありません?

「いつもの場所に座っていたいな(立っていたいな)」という
気持ちはありません?

「いや、そんなことはどうでもいいよ。nobuだけじゃないの」との
ツッコミ、大歓迎です(コメントあってのブログですから)。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

実際の相談のつもりで(その1) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




先日、開業社会保険労務士の友人から声をかけられました。

「この度、労働保険と社会保険の新規適用手続きの仕事を受注できたわ。
nobuが受注したと思って、書類作成の経験を積まへん?」

この話を聞いて、喜んで「ぜひ、経験を積ませて」と二つ返事を。










私は事例にもとづいて書類を作成しますが、役所に提出する書類は、
友人が作成します。個人情報の取り扱いは十分配慮します。その他、
法令順守にのっとるのは、言うまでもありません。











それでも、仮に私がこの案件を受注したとして、何をすべきか考える、
いい機会だと思います。

例えば、必要な書類は何か。書類に何を書くべきか。いつまでに役所に
書類を出せばいいのか。その際、どんな添付書類が必要か。事業主
からは、どのような情報や協力が必要なのか。





リアル営業の予行演習としていいチャンスだと、とらえてます。






早速、きょう労働基準監督署と社会保険事務所に行き、労働保険と
社会保険の新規適用の書類一式をもらいました。

手続きの小冊子をじっくりと目を通し、必要な行為を1つずつ確認。
書類作成や必要な添付書類の準備方法まで、自分で考えていきたいです。






現在、事務指定講習を受けています。通信課程は終えたのですが、
実際に受注した案件の書類作成となると、失敗は許されません。
生活がかかってきますので、真剣さが違うはずです。

友人は、私の今後の進路について、いつも相談に乗ってくれます。
開業社会保険労務士の先輩として、そして、親友として、本質を
突いた助言をしてくれます。










「仲間って、いいな」










照れくさいけど、世知辛い世の中だからこそ、こんな仲間同士の
助け合いの精神が身にしみます。

友人のありがたい提案に甘えつつ、今回の経験を能力向上に
生かしていきたいと感じる私です。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ありがたい限りです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




最近、休日出勤が続いてました。今月16日には、社会保険労務士試験
合格者の勉強会に参加。

仕事にしても、勉強会にしても、好きでやっていることなので、
不満はありませんが、さずがにちょっと疲れがたまってきたんです。







そこで、今日は午後から代休を取り、早めに自宅へ。

先日の勉強会で知り合った仲間と、もっと絆を深めたいと思い、
2つのSNSでマイミクシィなどの登録のお願いをしてました。








結構、時間がかかりますよね。








片方のSNSではすでに登録済みなんだけど、別のSNSではまだ登録の
お願いをしていなかったり(双方のページを行ったり来たりで)。

SNSの検索機能を使って調べてみると、同じ名前の方が300件くらい
あったり(トホホ…)。

以前からSNSでお互いにあしあとを付けていた方が、実は勉強会で
参加しているのがわかったり(「へ~ッ、この人か…」とつい、
感慨深くなってしまいました)。

2つのSNSを覗くうちに、ついつい日記に見入ってしまったり
(「皆さん、結構マメに日記を更新してはるわ」と感心)。











そうこうしているうちに、あっという間に晩ご飯の時間が。

ご飯を食べてからも、登録のお願いをコツコツと。せっかく、
勉強会でお会いできたご縁ですもの。お互いに印象が残っている
うちに、ネット上でもつながっていたいですから。

パソコンにむかって数時間。やっと、登録が一段落。











私が2つのSNSに登録したのは5月10日です。社労士開業セミナーで
知り合ったOさんからの紹介でした。

その後、試行錯誤しながら、SNSを覗いてます。







どちらかというと、社労士専門SNSを覗く時間が多いんです。
対象者が社労士試験合格者ということで、共通の話題が多いと
思いまして。

今日は久しぶりに時間を割いてミクシィを覗いてみたんですが、
多くの仲間がマメに日記を更新してますね。それも、社労士活動
だけでなく、日常的なネタも織り交ぜて。







「これからは、できるだけミクシィも覗いてみよう」とつくづく
感じた私です。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

新たな学びと出会いを大切に 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




昨日(6月16日)は、社会保険労務士試験合格者を対象とした
勉強会に参加してきました。




この勉強会は、関東で始まりました。毎月、社会保険労務士試験の
合格者が集まり、自主勉強会を開くなど、スキルアップと人間関係
構築をめざしてきたといいます。

関東に続き、関西でも勉強会開催の運びとなりました。





勉強会は、20数人の参加でした。労働法制の動向について、グループで
討論、意見集約、発表の流れでした。

その後、講師のF社会保険労務士が国、使用者、労働者、学識経験者の
それぞれの立場で、この動きの分析をしていただきました。

法律改正などの動きでは、さまざまな立場で分析すること。そして、
日頃から受験生当時に身につけた知識のメンテナンスを怠らないことの
大切さを実感。

何せ、本格的に勉強したのは昨年8月の試験以来。鈍っていた
アタマを久しぶりに使いました…。








懇親会では、お酒を酌み交わしながら、お互いの仕事や今後の
社会保険労務士の活かし方などについて、じっくり話し合うことが
できました。

お酒って、いいですね。他人に対して、「構えてしまう」気持ちが
和らぎ、リラックスして話せますから。









この勉強会は、Kさんの力が大きいです。Kさんは関東の勉強会の
運営を参考にして、関西での勉強会開催にご尽力をいただきました。

「試験合格したての人たちが、お互いに勉強したり、仲間づくりに
役立つ勉強会はないかな」

こんな思いをもっていたのは、私だけではないはず。





なかなかできそうで、できない、このような勉強会を開催に
こぎつけたKさんの熱意と行動力に、心を打たれました。

Kさん、本当に本当に、どうもありがとうございます!





このような勉強会は、メンバー1人ひとりが企画者であり、
主催者であると思います。これからは、メンバーがお互いに知恵を
出し、汗を流し、より役立つ勉強会を開いていきたいですね。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

新たな出会いと学び 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は、とある社会保険労務士の勉強会に参加してきます。

新たな出会いと学びが得られるよう、頑張ります。






もちろん、勉強会のあとの懇親会も楽しみです。実は、懇親会で
お酒を飲みながらヨタ話をするのが、大好きなワタクシです。

今日の成果は、あらためてブログでご紹介しますね。お楽しみに!






これまで、社会保険労務士の開業セミナーに参加し、多くの仲間と
知り合うことができました。






社会保険労務士試験に合格したものの、今後の進路について迷って
いる人、開業に向けて頑張る人、今の職場で資格を活かす人。






社会保険労務士の活かし方は、人それぞれだと思います。

それでも、一人ひとりが夢に向かって頑張っていく際、困ったときに
助け合う仲間の存在はきっとありがたいはず。

助け合いの気持ちを大切にして、仲間とともに頑張っていきたいです。






最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

メンテナンスの大切さを実感 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




正直に申しますと、昨年11月の社会保険労務士試験合格後、
勉強はほとんどしてませんでした。

合格に要した時間は、8年間。

「合格したから、とりあえず機会があるまで勉強は休憩」したかった
のがホンネなんです。











とある機会があり、久しぶりに最近の労働法制の行方を調べる
ことになりました。






インターネットなどで調べていましたが…。










難しいです。










もう、すっかり受験生当時の知識が抜け落ちてます。








「よくもまぁ、こんな難しい条文や根拠を理解していたものだ」と、
思ってしまいました。








同一人物とは思えないです(笑)。








何はともあれ、少しづつ法律の条文などに慣れて、知識の
メンテナンスに励みたいと、心に誓うワタクシです。






ブログをご覧の方で、昨年の社会保険労務士試験に合格された方も
いらっしゃると思います。皆さん、受験生当時の知識はいまでも
キープしてます?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

最近忘れやすい●●●● 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日は朝から雨でした。




家を出る時間は変わらなかったのですが、傘を差しながら自転車を
こいでいたので、いつもよりもスピードは少し遅めに。

駐輪場に自転車を置くと同時に、小走りで駅ホームへ。






「はぁ~っ、何とか間に合ったわ」と一息。






ムシムシする天気に加えて、小走りのせいか、額にはうっすら流れる汗が。

あわてて、チノパンのポケットに手を入れると。























ないんです。























ハンカチが。






















「えっ」と一瞬、頭の中がカラになったワタクシ。

「うわぁ、どないしょ」と思う間にも、汗は止まりません。

















あわてて、カバンのポケットを開けると、ティッシュがあり、
とりあえず流れ続ける汗を拭き吹き。

電車に乗ると、冷房がきいてて、汗もひきまして、一安心。


















ふっと、思ったんです。

「そういえば最近、チノパンのポケットにハンカチを入れ忘れる
ことが多いわ」。
















振り返ると、ハンカチを忘れることが何度かありましたっけ。




昨年11月、社会保険労務士試験に合格して以来、のんびりした
日々を送ってました。

試験勉強を続けてきた8年間は、毎日気が張っていたせいか、
ハンカチを忘れることなど、ほとんど記憶にないんです。

そんなワタクシが、今年に入ってからは1か月に1回はハンカチを
忘れている気が。









リラックスしている証拠なのか、気が抜けているからか。ちょっと、
考えときます。






皆さんの「うっかり」は、どんなものがあります?

もしよかったら、教えて下さいね。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

こんな支援なら続けられそうです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




今日、(特活)市民活動センター神戸 (KEC)に行きました。
能登のお酒を購入するためです。

KECの能登半島地震に対する支援については、6月9日、10日付記事を
ご覧ください。







今回、私が手に入れたお酒は、「能登末廣 しぼりたて生酒」です。

アルコール分は19度以上20度未満、精米歩合65%、材料は米・米こうじ・
醸造アルコールです。







このお酒は、にごり酒です。したがいまして、開栓する前に、
瓶を振り振り。

お猪口にそそぎ、鼻を近づけると、酒米のいい香り。

口に含むと、トロッとした舌触り。その後、フレッシュな米の旨味が
口の中で広がります。

お酒がノド元をすぎても、米の旨味が心地よく口の中でいい感じに
余韻として残ります。







被災地の経済再生のため、「能登の物産を買う」「能登に
遊びに行く」という支え方を提案しているKEC。

私は、KECの試みに共感しています。

で、さっそく2本目を購入。







「ただの呑み助では」とのご指摘が聞こえてきそうですが、
さようでございます(笑)。




こんな支援なら、無理なく続けられそう。ささやかですが、
被災地の経済にも貢献できますし、好きなお酒を楽しめますし。



興味のある方は、もしよろしければ6月9日、10日付記事を
ご覧くださいね。





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで開設1か月 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




おかげさまで、当ブログ「NPO労務サポーターをめざして」は、
開設1か月を迎えることができました。これも、ブログをご訪問
いただいた皆さんのおかげです。

この場をお借りして、お礼を申し上げます。







このブログは、今年5月1日に開設しました。

「ブログを通して、私の人柄やNPOへの想いをお伝えする1つの手段に
したい」

この想いが、ブログを開設するきっかけでした。







その後は、「fc2」サイトのブログ欄の公式マニュアルを見ては、
テンプレートなど各項目の設定の繰り返し。

数時間後にブログが完成し、初めて私がつくったブログが目の前の
画面に表れたときの感動は、いまでも忘れることができません。







ブログを開設する際の決意。それは「毎日更新」です。







「毎日更新」することは、簡単ではないかもしれません。

でも、「毎日更新」することで、私が考え、行動していることを
絶えずブログで発信していきたい。そして、私の人柄の一端を
お伝えできれば。そんな気持ちでいます。







この1か月間、私のつたないブログに貴重なコメントをお寄せ
いただいた方々に感謝の意味を込めて、紹介させていただきます。

ともさん、AKIさん、sr-mkazuさん、にしむらさん、もりたまいさん、
たっくんさん、永井美佳さん、べにたにさん、ホッシーさん。







本当に、本当に、どうもありがとう!







特に、ともさんには感謝の気持ちで一杯です。ともさんは社会保険
労務士です。「とも社労士日記」を拝見して、ともさんの誠実な
人柄や実直な仕事の姿勢に感銘を受けました。

ともさんのブログにちょこちょこコメントを寄せたら、すぐに
コメントを返してくれる姿勢に感動の連続です。

その後、私がブログを開設してからは、絶えずコメントを書き込んで
いただき、どれだけ励まされたか。

たとえ、ブログつながりであっても、人と人の気持ちは通じ合える。
そのことを実感しています。







「ブログ、見てるよ」と声をかけていただいた多くの仲間にも、
感謝の気持ちで一杯です。

若輩者の私ですが、これからも叱咤激励をよろしくお願いします。
(お時間がありましたら、コメントを書き込んでいただけると、
もっとうれしいです!)

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

いろいろな考え方を発見 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




先日、AさんからNPO法人化の相談を受けました。

私がNPO法人化のメリットやデメリット、法人化の認証までの大まかな
流れを説明。その後、Aさんからの質問に答えるというかたちでした。







よくよく聞いてみると、「あれっ」と思いはじめました。

Aさんは、NPO法人化に関して、会社組織にはない「旨味」のようなものを
求めているように感じたのです。







NPOは社会的な使命を達成することを目的にした組織であると、
私は考えています。

「世の中の矛盾で涙を流す人が1人でも少なくなる世の中にしたい。
1人でも多くの人が、より暮らしやすくなる世の中にしたい」

その理想ともいえる世の中に少しでも近づける新たな可能性を
NPOは秘めていると考えています。






今回の相談を通して、「いろいろな考え方があるんだな」と
感じた次第です。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ボランティア以外の被災地支援(その2) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。



【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。



(昨日の続きです)

私もKECの取り組みに共感し、店頭にある能登の商品を吟味していました。

そんな中、目に入ったのが合名会社中島酒造店のお酒でした。







中島酒造店は、能登・輪島市で最も被災した造り酒屋さんです。

古き良き伝統と歴史を守りながら、柔軟な考えの蔵です。蔵元自ら
一級酒造技能士の資格を取り、酒造りに邁進しています。この為、
酒造りに対する姿勢が妥協することなく、素直に酒に表れています。

平成10年の金沢局の清酒鑑評会にて蔵元杜氏として2年目に
金賞受賞。これを励みに酒造りを楽しみながら更なる夢を追っています。







酒販店の営業許可を取るのは時間と手間がかかるそうですので、
KECの専従スタッフのJさんが、個人として共同購入しています。

迷った末、Jさんのおすすめ「百石酒屋のおやじの手造り 純米吟醸」
を購入。杜氏がうでをふるった自信作です。なめらかでスッキリした
味わいで、グイグイ飲めます。

4合ビンをいただきましたが、すでに開栓した初日に半分開けて
しまったワタクシ。

「ただの呑み助でしょ」と突っ込まれそうですが、ハイ、その通り。
(開き直ってどうする?)







「私も能登の地酒を飲んで、被災地の応援をしたいな」という方。
神戸のKECに取りに行ける場合は、どうぞ足をお運びいただければ
幸いです。

遠方の方はそうもいきませんので、中島酒造さんへ直接ご注文下さい。
同社のホームページ(http://www.noto-suehiro.co.jp/)で品物を選んで、
同社に直接注文するのがいいと思います。

詳しくは、KECの専従スタッフ・Jさんのブログ「じっちゃんの
NPOブログ」(http://jitsuyoshi.exblog.jp/5976556/)5月2日付
記事をご覧下さい。

同ブログは、能登半島地震に関する記事が多く載っています。
もしよろしければ、ご覧いただければうれしいです。






私は、自分にできるかたちで、ささやかですが被災地の支援が
できればと考えています。






最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ボランティア以外の被災地支援(その1) 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。



【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。



皆さんご存知のとおり、能登半島で地震が起き、大きな被害が
発生しています。

現地でボランティアとして支援する方法もあります。
でも、なかなか能登までボランティアに行けない人もいるはず。







(特活)市民活動センター神戸 (KEC)は、「もうひとつの
フェアトレード 能登半島地震・被災地支援」と題して、
“Buy能登、Visit能登”キャンペーンを展開中です。

KECは、兵庫県を中心とする地域において、個人および団体の行う
市民活動、市民事業を支援する民設・民営の支援センターです。

専従スタッフの皆さんは、私が以前、とあるNPO中間支援組織で
活動していた頃に知り合った仲間です。








KECは、被災地の経済再生のため、「能登の物産を買う」「能登に
遊びに行く」という支え方を提案しています。

「お買い物で被災地支援」です。







KECが設立した市民活動の交流・発信スペースの(有)みみずく舎は、
現地で被災した作業所や商工業者の商品を扱っています。

詳しくは、KECのホームページをご覧いただければ幸いです。
http://www.kobekec.net/index.html








被災地の再生のため、何かできることはないかと考えていました。

そんな中、NPO仲間が新たな被災地支援を提案。その提案に共感し、
(有)みみずく舎で、とある能登の商品を購入しました。
その中身は、後日詳しくお伝えしたいと思います。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ご縁を大切に 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。



【NPO労務サポーターについて】
NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。

労務分野の実務経験がないからこそ、なおさら一生懸命、やる気と
実践の積み重ねで頑張っていきたい。そして、NPO労務サポーター
と名乗るのにふさわしい能力や実績を身につけられるよう、努力を
重ねていきたいです。皆さんのご指導をよろしくお願いいたします。




5月、6月の2月連続で、私は社会保険労務士の谷口雅和先生が
主催する社労士開業セミナーに参加してきました。

いずれの月も1日開催のセミナーでしたが、谷口先生はご自身の
貴重な体験をホンネで惜しげもなく参加者に伝えてくれました。
谷口先生には、心から感謝しています。

参考までに、谷口先生が運営するホームページは下記の通りです。
http://www.sh-ability.com/index.htm







そのセミナーで、社会保険労務士の資格を活かしてやりがいを
求めていきたいという、多くの仲間と知り合うことができました。







セミナー参加の仲間は、すでに開業している人、事務指定講習を
受講中の人、勤務社会保険労務士など、さまざまな立場の人たちです。







社会保険労務士を取得して、活かしたいことが異なるかもしれません。

でも、セミナーで出会ったのも、きっと何かのご縁に違いないです。

このご縁を大切にして、これから本格的に社会保険労務士として
活動する際には、お互いに助け合いながら頑張っていきたいです。







お恥ずかしい話ですが、私は人見知りします。

自分から話をするより、他人の話を聞くほうが好きです。







その性格はなかなか直せませんが、それでも何かのご縁で出会った
1人ひとりの仲間との出会いを大切にしていきたい。この思いは、
これからもずっと忘れないでいようと思います。





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

発想を少しでも実現したいです 

こんにちは、nobu@NPO労務サポーターです。




これから、自らをnobu@NPO労務サポーターという言い方をすることが
あるかと思います。

「ライフワークはNPOの労務サポート」という想いを少しでも現実化
したいです。

1人でも多くの人たちに、私のNPOへの想いをお伝えできれば。
そして、自分自身に対しても、厳しい道のりにすすむ「覚悟」を
求め続けていきたい。そんな気持ちでいっぱいです。

いますぐ、大それたことはできませんが、より一層の叱咤激励を
お願いします。










話がそれてしまいましたが、昨日(6月6日)、社会保険労務士の
谷口雅和先生が主催する社労士開業セミナーに参加してきました。

参考までに、谷口先生が運営するホームページは下記の通りです。
http://www.sh-ability.com/index.htm

内容は、「初心者のためのホームページ活用講座・入門編」です。

谷口先生は、インターネットをフル活用し、社労士や総務担当者らに
向けた、実務に役立つビデオ・DVDを販売しておられます。







特に印象的だったのは、「ホームページは情報提供ページを充実させる
ことが大切」という点です。

情報提供ページの充実により、何度もホームページに足を運んでもらい、
ホームページ発信者のことをよく知ってもらえるのではないかと、考えさせられました。









私は、実務経験はありません。でも、社会保険労務士試験の受験時に
身につけた条文を少しでもわかりやすく伝えるだけでも、NPO関係者ら
ホームページの訪問者に喜んでもらえるのかな、と。

これから本格的にホームページの活用について、研究していきたいです。
そして、NPOの労務サポートに特化したホームページを立ち上げ、
1人でも多くのNPO仲間に喜んでもらいたいです。

NPOの労務サポートに関心のある社会保険労務士の先生方がいらっしゃいましたら、
ぜひご指導を賜ることができれば幸いです。

このブログでも、他のサイトでも、お気軽にお声かけいただけたら、
うれしいです。どうぞ、よろしくお願いします。





「NPOの労務サポートに特化したホームページを立ち上げるなら、
こんな情報やページを載せてほしいな」というNPO仲間からの要望も
大歓迎です!




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

できることから、かたちに 

こんにちは、nobuです。





今日は、ある社会保険労務士の先生が主催するセミナーに
参加してきます。

この先生は、インターネットをフル活用し、営業実績を
あげておられます。

内容は、ホームページ活用についてです。







私はNPO労務サポーターをめざすにあたり、「できることから、かたちに」
と考えてきました。







その1つが、当ブログです。ブログを通して、私の人柄やNPOへの想い
をお伝えするきっかけになれば、と思います。

次は、ホームページについて研究していきたいです。ブログで伝え
切れない情報などをホームページで発信できれば幸いです。

すでにホームページを活用しておられる方々は、その開設や運営に
あたっての苦労や喜びなどについての声をお聞かせいただければ、
非常にうれしいです。







正直言って、NPOを労務面でサポートする能力は、まだまだこれからと
いったところです。

「ライフワークはNPO労務サポーター」の実現に近づけるため、
これからもできることから、かたちにできるよう、「考えながら、行動」
していきたいと思います。








最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

思惑通りにいくか? 

こんにちは、nobuです。



6月に入り、ジリジリと暑さを感じるようになりましたね。







毎朝、電車に乗ると、ついつい男性の服装に目がいってしまいます。

ノーネクタイのシャツにパンツ姿の男性が目立つ一方、ネクタイを
締めたスーツ姿の方も少なくないように感じます。








クールビズについて、環境省は次のように定義しています。

温室効果ガス削減のために、夏のエアコンの温度設定を28℃に。そんなオフィスで快適に過ごすため昨夏スタートしたのが「COOL BIZ(クールビズ)」です。
今年は、素材からデザイン、コーディネートまで様々なクールビズの提案がなされています。また、オフィススペースを涼しく快適にするために服装だけではなく、ミントやラベンダーなどの“香り”を活用するなどの提案もなされています。








私の勤務先は、服装についての制限はないです。

今の団体に就職して1年目はスーツで通しましたが、2年目から
現在まで、カジュアルな服装で仕事をしてます。

今の時期は、白シャツにチノパン姿が私の仕事服。暑がりの私に
とっては、ありがたい服装かと。







そうは言っても、仕事柄カジュアルな服は着にくい人も。

今日出会った得意先の営業マンは、スーツ姿でした。彼の話によると
「出入りする会社によっては、カジュアルな服装で出入りすると、
露骨に嫌な顔をされることがあるので、真夏でもスーツを着てます」
とのこと。

服装ひとつとっても、環境省の思惑通りにはいかないようですね。







皆さんの職場では、クールビズ、それともスーツ姿のどちらが
推奨されてますでしょうか?


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

予想外の発見 

こんにちは、nobuです。



日に日に暑さが増す今日この頃。家に帰ってからの「ちょっと1杯」は、
キンキンに冷えた炭酸ものが特においしく感じますね。

ビールは年がら年中飲んでますが、「たまには違うものを」と試したら、
予想以上においしかったアルコールがあります。




それは、ハイボールです。ご存知の方も多いと思いますが、
ハイボールはウイスキーのソーダ割りです。

ウイスキーは炭酸が混じることで、より飲みやすくなります。
炭酸が胃を刺激して、ついついハイピッチに。気がつけば、2杯、3杯と。





マイハイボールを探そうと、コンビニでウイスキーのミニボトルを物色。
家に帰っては、飲み比べ。試飲のつもりが、いつの間にか本気飲み(笑)。

私はウイスキーに詳しくありませんが、いろいろ試してみると、
それぞれのウイスキーの魅力を発見。





そんな中、「これはイケる」と感じたのが、ブラックニッカです。

ブラックニッカは、比較的すっきりした味わいに思えます。
その味わいで、ピッチが早まること必至。



「氷で薄まるから」などと自分自身に言い訳をして(笑)、
ウイスキーの量はダブル。1杯あたり10数分でグラスは空に。

「炭酸水は、一旦栓を開けると、炭酸が抜けてしまうから」と
言い訳を重ね、500mlの炭酸水を使い切るまで、ハイボールを
造りつづける私。





私だけかもしれませんが、ハイボールは飲んで時間が経ってから、
酔いが回ってきます。飲んでからほろ酔い気分になるまでの時間の
計算が不可欠。





こんな調子で今宵も「一丁あがり」、かな。





家飲みの良さは、気持ち良くなればすぐに寝れることかと。外飲みは
帰りの電車内で「家に着くまで寝ないぞ」という、ちょっとした
緊張感が求められますから。



皆さんは、どんなウイスキーでソーダ割りを楽しんでますか?
もしよろしければ、おすすめの飲み方を教えてくださいね。



今日も最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

皆さんのおかげです 

こんにちは、nobuです。



今年5月1日に開設した当ブログ。今月1日で、ブログ開設1か月を
迎えることができました。

これも、ブログにご訪問いただいた皆さんのあたたかい励ましの
おかげです。この場をお借りしてお礼を申し上げます。







このブログは、私の人柄やNPOへの想いを1人でも多くの方々に
お伝えする1つの手段と考えています。

私の力不足で、1日当たりのアクセスは10数件に留まっています。
でも、どこの誰ともわからない私のブログにご訪問いただける方が
いらっしゃるだけで、本当にうれしいです。




特に、ともさんは毎日のようにコメントを寄せていただいています。

ともさんは、社会保険労務士です。ブログ「とも社労士日記」で、
ともさんの人柄や誠実な社労士活動に心を打たれ、ちょこちょこと
コメントを入れていました。

そのコメントがご縁で、お互いのブログにコメントを寄せ合うことに。
「ブログで人と人がつながりあえる」ということを、あらためて実感
しました。






私は、NPOの専門知識はそれほどありません。社会保険労務士試験に
合格していますが、労働保険や社会保険の実務経験はありません。

これからも努力を重ね、できることから労務面のサポートを行い、
NPOがより活発に活動できるお手伝いができればと、考えています。



こんな私ですが、今後ともよろしくお願いします。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

カッコつけてきました(その2) 

こんにちは、nobuです。


(昨日からの続きです)

今年4月に結婚した妹と相方の結婚祝にと、お気に入りの神戸の
中華料理店に案内した兄貴の私。

1皿のボリュームがあり、3人で食べても結構お腹が張りつつある中、
終盤へ。





IMG_0467.jpg

骨付き肉の酢豚です。地元・中国では排骨(パイクー)と呼ばれているようです。
排骨は、骨付き豚バラ(アバラ肉)、スペアリブのことです。

ビールに良く合います。手は汚れてしまいますが、両手で骨を持ち、
骨の周りのお肉も堪能(これがおいしいんです、いやホントに)。

あっさりした味付けに思えるのは、タマネギ、ピーマン、そして
サツマイモなど、たっぷりと野菜が入っているからかも。










IMG_0468.jpg

水餃子です。水餃子は、お店の中では特に人気の1品です。その秘密は、
もっちりした皮と惜しげもなく使われたプリップリッの海老にあるかと。










IMG_0471.jpg

水餃子の断面です。海老の密度の濃さがお分かりいただけると思います。










IMG_0478.jpg

上海風焼きそばです。麺は蒸した後、火を通しています。麺のもっちり
感と香ばしさの2つの味が楽しめます。青菜や海老がアクセントに。
ボリュームもあり、私はここんちの焼きそばがいちばん好きなんです。









IMG_0479.jpg

手作りの杏仁豆腐です。やさしい味わいで、口の中がサッパリします。










皆さん、大変お待たせいたしました。いよいよ、公開です!

IMG_0473.jpg

妹と相方です。ちなみに、姉さん夫婦。相方はすでに今の時点で、
妹に引っ張られている様子。頑張れ、オトウトよ!










IMG_0470.jpg

仲良く水餃子を食らう2人。なぜか、妹はカメラ目線(笑)。
オトウトよ、照れてどうする!













「えっ、兄貴の顔出しは」って?











ワタクシ、じっくりと考えたんですが、顔出しはご遠慮を。

人一倍恥ずかしがり屋のワタクシ。誠に申し訳ありませんが、
ご了承くださいね。

ちなみに、「私と妹は顔が似ている」(友人談)そうです。










そういえば以前、友人と以下の会話がありましたっけ。

友人「〇〇〇(私の名前)、この前、セーラー服で歩いとったやろ。
   どないしたんや。人生、これからやないか。ハヤマルナよ」

私「何を言っているの。アンタが見たのは、私の妹や。誤解するにも
  ホドがあるで。人生、投げてへんがな」

友人「そうか。ゴメン、俺が悪かった」










自分ではよくわからないのですが、私をご存知の方が妹の写真を
ご覧になって、2人は似ていると思います?





そんなこんなで、更けていった神戸の夜。

何はともあれ、2人が助け合いながら、シアワセな人生を
送ってもらいたいものです。





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

カッコつけてきました(その1) 

こんにちは、nobuです。



最近のブログはカタめの内容が続いていましたので、
ここらでちょっと柔らかめの話題を。



個人的なことで恐縮ですが、妹が今年4月に結婚しました。
親戚筋の中では最も結婚しそうにないと言われてきた妹の結婚にビックリ!



何はともあれ、めでたいお話で。



「ここはひとつ、兄貴がカッコつけなアカン」などと思い立ち、2人をご招待。



向かった先は、お気に入りの中華料理店です。

職場も、ウロチョロの拠点も、神戸の私。地元で働く1人 として、
お気に入りのお店があるんです。

今回訪れたお店は、神戸を代表する上海家庭料理です。
気取らない活気と気前のよい盛り付けが、私のお気に入り。

このお店は、5月19日付の「神戸中華に舌鼓」で紹介してます。
もしよろしければ、ご覧下さいね。




まずは、前菜を。
IMG_0460.jpg

蒸し鶏です。鶏のもも肉をねぎと生姜を薬味にして蒸しています。
あっさりしていますが、鶏の旨味が口で広がります。





次は、野菜料理へ。
IMG_0461.jpg

餅と青菜の炒めものです。餅がしょうゆ味のタレと絡み合ってます。
青菜が口の中をサッパリさせます。結構ボリュームがありますよ。





いよいよメイン料理へ
IMG_0464.jpg

あわび・貝柱・海老の炒めものです。テーブルに運ばれた瞬間、
3人そろって「オォ~ッ」と思わず声が。

あわびのコリコリ感。貝柱の甘み。そして、車海老のプリップリッさ。
シアワセです。




ここらで、いつもの定番を。
IMG_0465.jpg

春巻です。中に入っている海老がプリップリッで。皮はサックサク。
お店のコースにも含まれている、スタッフ(と私も)おすすめの逸品。





IMG_0466.jpg

春巻の中身です。海老の密度が高いこと、高いこと。





明日は、後半の料理と新郎新婦のご紹介です。
ご期待のほどを!

えっ、「兄貴の顔出しは」って? それはですね、まぁ、ちょっと考え中で…

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。