月別アーカイブ

 2007年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しいですね… 

こんにちは、nobuです。



このブログの5月29日付記事「何が求められているか」、30日付記事「私なりに考えた労務サービスの方向性」において、私が考える労務サポートのひとつの方向性を申し上げました。





2日間とも、コメントはなかったです。なかなか難しいですね…。




NPOで活動する方々にとっては、「ウチは労務面の問題が発生するほど、
スタッフを雇っていないから」などの理由が挙げられるかもしれません。





私はできることから、NPOの労務面のサポートのお手伝いを始めて
いきたいと考えています。その際、NPO側が労務面で何をサポート
してもらいたいのか、詳しく知りたいです。





いますぐ必要でなくても、「こんな労務サービスがあったらいいな」というアイデアが
ありましたら、コメントをお寄せいただけたらうれしいです。

NPO中間支援組織のスタッフの皆さんや、先輩社労士の先生方からの
ご意見もいただけたら、と思います。





どうぞ、よろしくお願いします。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

難しいですね… 

こんにちは、nobuです。



このブログの5月29日付記事「何が求められているか」、30日付記事「私なりに考えた労務サービスの方向性」において、私が考える労務サポートのひとつの方向性を申し上げました。





2日間とも、コメントはなかったです。なかなか難しいですね…。




NPOで活動する方々にとっては、「ウチは労務面の問題が発生するほど、
スタッフを雇っていないから」などの理由が挙げられるかもしれません。





私はできることから、NPOの労務面のサポートのお手伝いを始めて
いきたいと考えています。その際、NPO側が労務面で何をサポート
してもらいたいのか、詳しく知りたいです。





いますぐ必要でなくても、「こんな労務サービスがあったらいいな」というアイデアが
ありましたら、コメントをお寄せいただけたらうれしいです。

NPO中間支援組織のスタッフの皆さんや、先輩社労士の先生方からの
ご意見もいただけたら、と思います。





どうぞ、よろしくお願いします。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。


私なりに考えた労務サービスの方向性 

こんにちは、nobuです。





(昨日からの続きです)

私は、社会保険労務士として開業していません。

正直言って、例えば労災保険の保険給付の手続きにいくらの料金を
設定すればいいのか、わからないんです。





そこで、次のような案を考えてみました。

【労災保険の給付手続きの料金】
1、某都道府県の社会保険労務士会の旧報酬規程
 ・30,000円
 ・以前、社会保険労務士会は報酬規程を設定していましたが、
  いまは廃止されています。参考程度にご留意ください。

2、書類作成から役所申請まで私が請け負う
 ・21,000円(30,000円×70%)
 ・旧報酬規程を参考に、少しでも利用しやすい料金と考えました。

3、ワークシェアリング方式
 ・10,500円
 ・私が書類作成し、NPO側が役所に出向く方法です。
 ・私がきちんとした書類を作成できれば、NPO側は役所であまり
  詳しくない法律のことをたずねられて何度も書類をつくり直し
  たり、役所に行く必要がないと思います。
 ・アフターフォローとして、役所が書類を受理するまで、NPO側は
  電話やファックス、電子メールで私に疑問点を問い合わせる
  ことができます。
 ・私は役所に行く手間が省ける分、より料金を安くできます。

NPO側は必要に応じて2、または3のサービスを選んでいただければと
考えています。





これは、あくまでもひとつの考え方です。

「少しでも、NPOの負担を少なく、かつ喜んでもらえる労務サービスを」
と願って検討したものです。





この「たたき台」をご覧になり、NPOスタッフの皆さんや社会保険労務士
の先生方、そしてブログをご覧の方々の率直な声をお聞かせいただけれ
ば、と思います。どうぞ、よろしくお願いします。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

私なりに考えた労務サービスの方向性 

こんにちは、nobuです。





(昨日からの続きです)

私は、社会保険労務士として開業していません。

正直言って、例えば労災保険の保険給付の手続きにいくらの料金を
設定すればいいのか、わからないんです。





そこで、次のような案を考えてみました。

【労災保険の給付手続きの料金】
1、某都道府県の社会保険労務士会の旧報酬規程
 ・30,000円
 ・以前、社会保険労務士会は報酬規程を設定していましたが、
  いまは廃止されています。参考程度にご留意ください。

2、書類作成から役所申請まで私が請け負う
 ・21,000円(30,000円×70%)
 ・旧報酬規程を参考に、少しでも利用しやすい料金と考えました。

3、ワークシェアリング方式
 ・10,500円
 ・私が書類作成し、NPO側が役所に出向く方法です。
 ・私がきちんとした書類を作成できれば、NPO側は役所であまり
  詳しくない法律のことをたずねられて何度も書類をつくり直し
  たり、役所に行く必要がないと思います。
 ・アフターフォローとして、役所が書類を受理するまで、NPO側は
  電話やファックス、電子メールで私に疑問点を問い合わせる
  ことができます。
 ・私は役所に行く手間が省ける分、より料金を安くできます。

NPO側は必要に応じて2、または3のサービスを選んでいただければと
考えています。





これは、あくまでもひとつの考え方です。

「少しでも、NPOの負担を少なく、かつ喜んでもらえる労務サービスを」
と願って検討したものです。





この「たたき台」をご覧になり、NPOスタッフの皆さんや社会保険労務士
の先生方、そしてブログをご覧の方々の率直な声をお聞かせいただけれ
ば、と思います。どうぞ、よろしくお願いします。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。


何が求められているか 

こんにちは、nobuです。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はNPO労務サポーター
として、NPOの労務面のサポートのお手伝いをライフワークにしたい
と考えています。






一方、頭を悩ませているのは、NPOの現状なんです。

NPOの大半は、NPOの労務サービスに「お金を出せない、出さない。
労務サービスの必要性をあまり感じていない」と思います。






認識不足かもしれませんが、需要が少ないところからお金をいただき
づらい。そんな印象を持っています。

「マーケットは無視できない」と考えています。






そうは言っても、例えば職場で事故が起これば、労災保険の保険給付を
受けることになります。






確かに、役所に疑問点を聞きまくれば、保険給付の手続きはできるかも
しれません。

でも、慣れない手続きに時間と労力がかかります。NPOは本当に限られた
ヒト・モノ・カネなどの資源を最大限に活かし、活動しています。

「許容範囲内の料金であれば、社会保険労務士に保険給付の手続きを
お願いしたい」と考えるNPOがきっとあると思います。






明日は、私が考えている「NPOが利用しやすいと思われる」労務サービス
について申し上げたいと思います。






「NPOが利用しやすいと思われる」労務サービスは、私が最も悩んで
いることのひとつです。

NPOスタッフの皆さんや社会保険労務士の先生方、その他ブログを
ご覧の方々で、「こんなサービスや料金設定がいいのでは」という
ご意見がありましたら、ぜひお聞かせいただきたいです。よろしく
お願いいたします。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

何が求められているか 

こんにちは、nobuです。




ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はNPO労務サポーター
として、NPOの労務面のサポートのお手伝いをライフワークにしたい
と考えています。






一方、頭を悩ませているのは、NPOの現状なんです。

NPOの大半は、NPOの労務サービスに「お金を出せない、出さない。
労務サービスの必要性をあまり感じていない」と思います。






認識不足かもしれませんが、需要が少ないところからお金をいただき
づらい。そんな印象を持っています。

「マーケットは無視できない」と考えています。






そうは言っても、例えば職場で事故が起これば、労災保険の保険給付を
受けることになります。






確かに、役所に疑問点を聞きまくれば、保険給付の手続きはできるかも
しれません。

でも、慣れない手続きに時間と労力がかかります。NPOは本当に限られた
ヒト・モノ・カネなどの資源を最大限に活かし、活動しています。

「許容範囲内の料金であれば、社会保険労務士に保険給付の手続きを
お願いしたい」と考えるNPOがきっとあると思います。






明日は、私が考えている「NPOが利用しやすいと思われる」労務サービス
について申し上げたいと思います。






「NPOが利用しやすいと思われる」労務サービスは、私が最も悩んで
いることのひとつです。

NPOスタッフの皆さんや社会保険労務士の先生方、その他ブログを
ご覧の方々で、「こんなサービスや料金設定がいいのでは」という
ご意見がありましたら、ぜひお聞かせいただきたいです。よろしく
お願いいたします。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

暑い季節にはやっぱり●●●! 

こんにちは、nobuです。




今日はホント暑かったですね。歩いているだけでも、汗が出てきます。




仕事帰りに「こんな日は、やっぱり…」と思い、フラッとローソンへ。

お店に入り、向かう先はお酒コーナー。

「なんか、珍しいビールはないかなぁ」などとビールを物色する私。

ふっと目に入ったあるビールに、目を奪われてしまいました。




それは、



















サッポロクラシックです。





サッポロクラシックは、1985年に誕生した北海道限定生ビール。
業界の先陣を切って発売された地域限定ビールです。

ビール党の1人として(笑)、一度は飲んでみたかったクラシック。




クラシックとの出会いは、5月10日です。

このクラシックとの運命の出会い(大げさ?)は、5月10日、
11日付記事に。気になる方はご覧下さいね。








IMG_0453.jpg

ハイ、大人買いです!

どうです、この堂々たる雄姿。

「暑い季節にはやっぱりビール!」ですよね、皆さん(?)。






「旨いビールには、ぜひ旨いおつまみを」ということで、店内をウロウロ。

せっかくの機会ですから、おつまみも北海道限定モノで。

ワタクシ、こう見えてもミーハーで、「限定モノ」に弱いものでして。











スンマセン、私の性格をご存知の方しかわからない独り言で。






悩んだ末、選んだのは…。























「ナビスコ・チップスター バターしょうゆ味」です。








IMG_0454.jpg

北海道産のバターパウダーを使った、北海道限定モノ(だと思います。
ヤマザキナビスコ(株)のホームページには、このバターしょうゆ味は
載っていないものですから)。

一口かじると、最初にバターの甘みが広がります。その後、バターの余韻が残りつつ、
程よい塩加減やしょうゆが染み込んだ、じゃがいもの旨味が印象的。


















ワタクシ、チップスターでナニ語っているのでしょうね。

















普段はカタイ日記を書いている反動が、こんなところで。

















いや、ホントすみません。













「そこまで語るなら、ひとつ試してみるか」と思ったアナタ。

いますぐ、ローソンへGO!



ローソンは、5月15日から6月4日まで北海道フェアを開催中。
詳しくは、同社のホームページをご覧下さい。
http://www.lawson.co.jp/go_lawson/pick_up/hokkaido/index.html





「やっぱり、おいしかった!」「いや、それほどでも…」


ハヤル気持ちを抑えられずにローソンに向かい、クラシックや
チップスターをお試しになった皆さんのご感想を心よりお待ち
申し上げております。








最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

暑い季節にはやっぱり●●●! 

こんにちは、nobuです。




今日はホント暑かったですね。歩いているだけでも、汗が出てきます。




仕事帰りに「こんな日は、やっぱり…」と思い、フラッとローソンへ。

お店に入り、向かう先はお酒コーナー。

「なんか、珍しいビールはないかなぁ」などとビールを物色する私。

ふっと目に入ったあるビールに、目を奪われてしまいました。




それは、



















サッポロクラシックです。





サッポロクラシックは、1985年に誕生した北海道限定生ビール。
業界の先陣を切って発売された地域限定ビールです。

ビール党の1人として(笑)、一度は飲んでみたかったクラシック。




クラシックとの出会いは、5月10日です。

このクラシックとの運命の出会い(大げさ?)は、5月10日、
11日付記事に。気になる方はご覧下さいね。








IMG_0453.jpg

ハイ、大人買いです!

どうです、この堂々たる雄姿。

「暑い季節にはやっぱりビール!」ですよね、皆さん(?)。






「旨いビールには、ぜひ旨いおつまみを」ということで、店内をウロウロ。

せっかくの機会ですから、おつまみも北海道限定モノで。

ワタクシ、こう見えてもミーハーで、「限定モノ」に弱いものでして。











スンマセン、私の性格をご存知の方しかわからない独り言で。






悩んだ末、選んだのは…。























「ナビスコ・チップスター バターしょうゆ味」です。








IMG_0454.jpg

北海道産のバターパウダーを使った、北海道限定モノ(だと思います。
ヤマザキナビスコ(株)のホームページには、このバターしょうゆ味は
載っていないものですから)。

一口かじると、最初にバターの甘みが広がります。その後、バターの余韻が残りつつ、
程よい塩加減やしょうゆが染み込んだ、じゃがいもの旨味が印象的。


















ワタクシ、チップスターでナニ語っているのでしょうね。

















普段はカタイ日記を書いている反動が、こんなところで。

















いや、ホントすみません。













「そこまで語るなら、ひとつ試してみるか」と思ったアナタ。

いますぐ、ローソンへGO!



ローソンは、5月15日から6月4日まで北海道フェアを開催中。
詳しくは、同社のホームページをご覧下さい。
http://www.lawson.co.jp/go_lawson/pick_up/hokkaido/index.html





「やっぱり、おいしかった!」「いや、それほどでも…」


ハヤル気持ちを抑えられずにローソンに向かい、クラシックや
チップスターをお試しになった皆さんのご感想を心よりお待ち
申し上げております。








最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

驚きの連続でした(その2) 

こんにちは、nobuです。



(昨日からの続きです)

定期総会で事業報告案や決算報告案、事業計画案や予算計画案を
グループディスカッションの方式で進めることに。

事務局スタッフも、ボランティアも、そして会員もいっしょに
なって考え、行動し、事業を進めていく。

そんな「自発性を大切にしてみんなが参加し、活動を進める」
ボラ協の魅力をあらためて感じました。





6つのグループに分かれて、始まったグループディスカッション。

ボラ協の定期総会に初めて参加した私は、これまで体験したことの
ない総会スタイルにとまどいながらも、「まぁ、事務局スタッフの
皆さんが議事進行や記録をしてくれるでしょう。私は、気づいたこと
を発言したらいいし」とタカをくくっていました。





私が所属したFグループの参加者は7人。自己紹介のあと、議事の
進め方や報告についての説明がありました。












「あれっ、何かハナシが違う」と感じ始めた私。












グループディスカッションの記録や報告は、事務局スタッフではなく、会員が行うみたいです。












いやな予感がしました。












昭和42年頃から協会に出入りしているという会員の方が、
「せっかくの機会なので、若い人が記録や報告を担当しては」。

グループの参加者を見渡すと、事務局スタッフやボランティアを
除くと、私がいちばん年下なのは明らか。












…はい、ワタクシが記録と報告を担当させていただきました。












「そんなハナシは聞いてないよぉ」と、突然の経験に驚きと
戸惑いを覚えるワタクシ。

ディスカッションは活発な発言が飛び交いました。私は貴重な
発言を聞き漏らさないよう、必死になってメモを取り続けました。





その後は、6つのグループごとの報告です。皆さん、慣れた様子で
報告されています。

私が報告する順番がまわってくるまで、メモをもとに赤ペンで訂正、
特に強調する箇所は蛍光ペンでアンダーライン。

そうこうしているうちに私の出番が。「とにかく、落ち着いて、
ゆっくりと報告しよう」と心がけ、約3分間の報告は何とか終了。





その後の懇親会は、9年ぶりに再会する仲間、そして初めてお会い
する方々との話が楽しいこと、楽しいこと。

懇親会が終わり、有志が集まり1次会へ。テーブルを囲み、和気藹々と
話し込みました。

1次会が終わり、数人で2次会へ。おいしいおでんを堪能しながら、
楽しいひと時を過ごせました。





定期総会に参加して、経営から事業推進まで幅広い場面に多くの
市民が参画するボラ協の魅力を「カラダで実感」できました。





NPOは志に共感する仲間がいっしょになって考え、行動し、活動を
進めて、志の実現に少しでも近づける組織だと、個人的に考えています。

今後、私はどのような進路を歩むにしても、できる範囲でNPOの活動に
かかわっていきたい。そんな気持ちをあらたにした1日でした。





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

驚きの連続でした(その2) 

こんにちは、nobuです。



(昨日からの続きです)

定期総会で事業報告案や決算報告案、事業計画案や予算計画案を
グループディスカッションの方式で進めることに。

事務局スタッフも、ボランティアも、そして会員もいっしょに
なって考え、行動し、事業を進めていく。

そんな「自発性を大切にしてみんなが参加し、活動を進める」
ボラ協の魅力をあらためて感じました。





6つのグループに分かれて、始まったグループディスカッション。

ボラ協の定期総会に初めて参加した私は、これまで体験したことの
ない総会スタイルにとまどいながらも、「まぁ、事務局スタッフの
皆さんが議事進行や記録をしてくれるでしょう。私は、気づいたこと
を発言したらいいし」とタカをくくっていました。





私が所属したFグループの参加者は7人。自己紹介のあと、議事の
進め方や報告についての説明がありました。












「あれっ、何かハナシが違う」と感じ始めた私。












グループディスカッションの記録や報告は、事務局スタッフではなく、会員が行うみたいです。












いやな予感がしました。












昭和42年頃から協会に出入りしているという会員の方が、
「せっかくの機会なので、若い人が記録や報告を担当しては」。

グループの参加者を見渡すと、事務局スタッフやボランティアを
除くと、私がいちばん年下なのは明らか。












…はい、ワタクシが記録と報告を担当させていただきました。












「そんなハナシは聞いてないよぉ」と、突然の経験に驚きと
戸惑いを覚えるワタクシ。

ディスカッションは活発な発言が飛び交いました。私は貴重な
発言を聞き漏らさないよう、必死になってメモを取り続けました。





その後は、6つのグループごとの報告です。皆さん、慣れた様子で
報告されています。

私が報告する順番がまわってくるまで、メモをもとに赤ペンで訂正、
特に強調する箇所は蛍光ペンでアンダーライン。

そうこうしているうちに私の出番が。「とにかく、落ち着いて、
ゆっくりと報告しよう」と心がけ、約3分間の報告は何とか終了。





その後の懇親会は、9年ぶりに再会する仲間、そして初めてお会い
する方々との話が楽しいこと、楽しいこと。

懇親会が終わり、有志が集まり1次会へ。テーブルを囲み、和気藹々と
話し込みました。

1次会が終わり、数人で2次会へ。おいしいおでんを堪能しながら、
楽しいひと時を過ごせました。





定期総会に参加して、経営から事業推進まで幅広い場面に多くの
市民が参画するボラ協の魅力を「カラダで実感」できました。





NPOは志に共感する仲間がいっしょになって考え、行動し、活動を
進めて、志の実現に少しでも近づける組織だと、個人的に考えています。

今後、私はどのような進路を歩むにしても、できる範囲でNPOの活動に
かかわっていきたい。そんな気持ちをあらたにした1日でした。





最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

驚きの連続でした(その1) 

こんにちは、nobuです。






今日は、個人会員の(社福)大阪ボランティア協会(以下、ボラ協)の
定期総会に参加してきました。

私は、ボラ協の定期総会に参加するのは初めてです。一会員の身分
ですので、「総会は事務局側がこれまでの経過や今後の計画案を
報告・提案するのを聞いていればいいや」と思い込んでいました。






ところがどっこい、「ウソでしょ!」と驚愕の体験をしてしまった私。







「えっ、どういうこと?」と思ったアナタ。








続きが聞きたいですよね(「イヤ、別にどっちでもいいよ」と
おっしゃらずに…)。




この続きは、明日(27日)に。




なぜなら、このまま日記を書き上げられないからなんです。




二次会が終わり、自宅に帰ると日付が変わってしまいます。

今月1日から開設したこのブログのとりえは、「毎日更新すること」。







いま、大阪駅近くのネットカフェで書き込む私(他にやることが
ないのか、と自分自身にツッコミを入れてしまいそう…)。



店の閉店は午後11時。いま、10時55分…。



そんなこんなで、毎日更新の「ノルマ」達成のための涙ぐましい
小生の努力に同情された方々、特に定期総会参加者の方々の書き込みを
心よりお待ち申し上げています。







最後までごらんいただき、本当にありがとうございました。

驚きの連続でした(その1) 

こんにちは、nobuです。






今日は、個人会員の(社福)大阪ボランティア協会(以下、ボラ協)の
定期総会に参加してきました。

私は、ボラ協の定期総会に参加するのは初めてです。一会員の身分
ですので、「総会は事務局側がこれまでの経過や今後の計画案を
報告・提案するのを聞いていればいいや」と思い込んでいました。






ところがどっこい、「ウソでしょ!」と驚愕の体験をしてしまった私。







「えっ、どういうこと?」と思ったアナタ。








続きが聞きたいですよね(「イヤ、別にどっちでもいいよ」と
おっしゃらずに…)。




この続きは、明日(27日)に。




なぜなら、このまま日記を書き上げられないからなんです。




二次会が終わり、自宅に帰ると日付が変わってしまいます。

今月1日から開設したこのブログのとりえは、「毎日更新すること」。







いま、大阪駅近くのネットカフェで書き込む私(他にやることが
ないのか、と自分自身にツッコミを入れてしまいそう…)。



店の閉店は午後11時。いま、10時55分…。



そんなこんなで、毎日更新の「ノルマ」達成のための涙ぐましい
小生の努力に同情された方々、特に定期総会参加者の方々の書き込みを
心よりお待ち申し上げています。







最後までごらんいただき、本当にありがとうございました。

「NPO労務サポーター」にこめられた想い 

こんにちは、nobuです。

遅ればせながら、「NPO労務サポーター」にこめられた想いについて
申し上げたいと思います。

この定義は、まだ明確になっているわけではないです。私がずっと
大切にしてきたNPOへの共感を具体的なことばにして、1人でも
多くの方々にお伝えできれば、と思います。

いまは本格的な活動の準備段階で、「考えながら、行動」していく
なかで、「NPO労務サポーター」の定義は明確化していきたいです。






NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。






昨年、社会保険労務士試験に合格し、いつかは社会保険労務士として
登録すると思います。

確かに、労務分野の専門家として、的確なアドバイスをすることは
必要です。

それ以上に、私はNPOの志に共感する1人として「NPO仲間といっしょに
考え、行動していきたい」という気持ちの方が強いです。







NPO仲間とともに「行動」することを重視していきたいです。

若輩者ですが、先輩方の叱咤激励をよろしくお願いします。






最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

「NPO労務サポーター」にこめられた想い 

こんにちは、nobuです。

遅ればせながら、「NPO労務サポーター」にこめられた想いについて
申し上げたいと思います。

この定義は、まだ明確になっているわけではないです。私がずっと
大切にしてきたNPOへの共感を具体的なことばにして、1人でも
多くの方々にお伝えできれば、と思います。

いまは本格的な活動の準備段階で、「考えながら、行動」していく
なかで、「NPO労務サポーター」の定義は明確化していきたいです。






NPO労務サポーターは、個人的につくったことばです。

「NPO仲間といっしょに考え、悩み、労務面の問題解決にむけて汗を
流していきたい。私も、NPOの志に共感し、ともに行動していきたい」

私も、NPOの「もう1人」の共感者として、「行動」していきたい
という想いがこめられています。






昨年、社会保険労務士試験に合格し、いつかは社会保険労務士として
登録すると思います。

確かに、労務分野の専門家として、的確なアドバイスをすることは
必要です。

それ以上に、私はNPOの志に共感する1人として「NPO仲間といっしょに
考え、行動していきたい」という気持ちの方が強いです。







NPO仲間とともに「行動」することを重視していきたいです。

若輩者ですが、先輩方の叱咤激励をよろしくお願いします。






最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

どんどん出て行きます 

こんにちは、nobuです。

今日、私が住んでいる兵庫はホント暑かったです。暑がりの私は、
朝に顔を洗って長袖シャツを着てまもなく、額に汗が(洗顔した
意味が…)。何はなくても、ハンカチは必須ですね。





私は、平成10年3月から8月までの半年間、大阪のとある
NPO中間支援組織のお手伝いをしていました。

その活動の中で、志高く頑張るNPOのスタッフらの皆さんの熱意に
心を打たれ、「将来は、労務面のサポートを通して、NPOがより
活動しやすくなるお手伝いがしたい」と決意を固めました。

自称・NPO労務サポーターとして労働分野の専門家として活動
するため、社会保険労務士をめざすことにエネルギーを集中
することに。





同年11月から団体職員として働きながら、大阪の某スクールで
社会保険労務士の受験講座に通い始めました。

受験にあたり、「社会保険労務士試験に合格するまで、NPOの
活動は控えよう。受験勉強に集中しよう」と、覚悟を決めました。





共感している複数のNPOの会員にはなっていますが、試験に合格
する昨年までの8年間、ほとんどNPOの活動には携わっていませんでした。

力不足で試験は不合格続き。プライベートは試験勉強を最優先して
いたため、NPOの活動は自粛。

この8年間は、本当に歯がゆい思いを抱いていました。









おかげさまで昨年、試験に合格できました。

これから、やっとNPOの活動に時間を割くことができます。





ヒトを扱う分野の専門家として活動をはじめるにあたり、
1人でも多くのNPO仲間と実際に会うことが必要と考えています。

ありがたいことに、以前NPO中間支援組織のお手伝いをしていた時、
NPO界で活躍する多くの先輩方と面識を持つことができました。

先輩方と久々の再会で、あらためてネットワークを作り上げて
いきたいです。





明日は、以前お世話になった大阪のNPO中間支援組織にうかがい、
先輩スタッフと9年ぶりにお会いします。

あさっては、個人会員である別のNPO中間支援組織の総会に出席
します。同NPOの総会に出席するのは初めてで、ちょっと緊張し
てます。

というのは、同NPOはNPO支援では日本でも草分けともいえる、
伝統と実績が高いNPOです。おそらく、総会はNPO界で活躍する
錚々たる方々が出席されると予想してます。

もしかしたら、私が総会に参加するのは場違いかもしれません。
でも、再会する方々、そして初めてお会いする方々。そういった
多くの先輩方とお目にかかることで、NPO労務サポーターとしての
活動の第一歩としたいです。




これから、どんどんNPOの現場に出かけていきたいです。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

どんどん出て行きます 

こんにちは、nobuです。

今日、私が住んでいる兵庫はホント暑かったです。暑がりの私は、
朝に顔を洗って長袖シャツを着てまもなく、額に汗が(洗顔した
意味が…)。何はなくても、ハンカチは必須ですね。





私は、平成10年3月から8月までの半年間、大阪のとある
NPO中間支援組織のお手伝いをしていました。

その活動の中で、志高く頑張るNPOのスタッフらの皆さんの熱意に
心を打たれ、「将来は、労務面のサポートを通して、NPOがより
活動しやすくなるお手伝いがしたい」と決意を固めました。

自称・NPO労務サポーターとして労働分野の専門家として活動
するため、社会保険労務士をめざすことにエネルギーを集中
することに。





同年11月から団体職員として働きながら、大阪の某スクールで
社会保険労務士の受験講座に通い始めました。

受験にあたり、「社会保険労務士試験に合格するまで、NPOの
活動は控えよう。受験勉強に集中しよう」と、覚悟を決めました。





共感している複数のNPOの会員にはなっていますが、試験に合格
する昨年までの8年間、ほとんどNPOの活動には携わっていませんでした。

力不足で試験は不合格続き。プライベートは試験勉強を最優先して
いたため、NPOの活動は自粛。

この8年間は、本当に歯がゆい思いを抱いていました。









おかげさまで昨年、試験に合格できました。

これから、やっとNPOの活動に時間を割くことができます。





ヒトを扱う分野の専門家として活動をはじめるにあたり、
1人でも多くのNPO仲間と実際に会うことが必要と考えています。

ありがたいことに、以前NPO中間支援組織のお手伝いをしていた時、
NPO界で活躍する多くの先輩方と面識を持つことができました。

先輩方と久々の再会で、あらためてネットワークを作り上げて
いきたいです。





明日は、以前お世話になった大阪のNPO中間支援組織にうかがい、
先輩スタッフと9年ぶりにお会いします。

あさっては、個人会員である別のNPO中間支援組織の総会に出席
します。同NPOの総会に出席するのは初めてで、ちょっと緊張し
てます。

というのは、同NPOはNPO支援では日本でも草分けともいえる、
伝統と実績が高いNPOです。おそらく、総会はNPO界で活躍する
錚々たる方々が出席されると予想してます。

もしかしたら、私が総会に参加するのは場違いかもしれません。
でも、再会する方々、そして初めてお会いする方々。そういった
多くの先輩方とお目にかかることで、NPO労務サポーターとしての
活動の第一歩としたいです。




これから、どんどんNPOの現場に出かけていきたいです。




最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

予想以上の厳しさ 

こんにちは、nobuです。



(昨日からの続きです)
社会保険労務士試験に合格した昨年11月以降、NPOの労務サービスの
現状を調べてきました。

あわせて、NPO中間支援組織で働く知人や、NPOの労務支援に携わる
先輩社労士の先生方に相談に乗ってもらってきました。





自分なりに調べてきて、あることがわかりました。

「NPOの多くは、労務サービスにお金を出さないし、出せない。
労務サービスはあまり必要とされていない」いうことでした。





NPOの労務サービスに対する需要がこれほど厳しいものとは、
予想しませんでした。





「私が本当にやりたいことは、今のところ需要が少ない」

この現実を受け止めた上で、今後どうするのか。毎日悩んでいます。





相談に乗ってもらった先輩社労士の先生方は、営業対象のひとつとして
NPOの労務支援に携わっておられます。「NPOの労務支援だけでは、
いまの既存の仕組みでは生活確保が極めて厳しい」といいます。





「NPOの労務サポートでNPO仲間に喜んでもらうとともに、活動が続け
られる収入を確保できる、新しい労務サービスの提供」を考えてきました。

私の力不足で、その新しい労務サービス方法が具体化できていないのが、現状です。





今後の活動について、

①独立開業し、あくまでもNPOの労務サポートに特化する

②独立開業し、営業対象のひとつとしてNPOの労務サポートを行う

③今の職場で働きながら、プライベートでNPOの労務サポートを行う

という、3つの選択肢を考えています。





仮に、①または②を選択する場合、職場の都合で6月末日に上司に
退職の意思を伝え、9月に退職という流れになります。





6月末日まで約1か月。考えられるあらゆる方法を検討し、納得の
いくNPOの労務サポート活動を始めていきたい。そう考えています。





NPO活動に携わっておられる方や、需要が厳しいコアな分野で頑張って
おられる社会保険労務士の先生方など、忌憚のないご意見を頂戴でき
ればうれしいです。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

予想以上の厳しさ 

こんにちは、nobuです。



(昨日からの続きです)
社会保険労務士試験に合格した昨年11月以降、NPOの労務サービスの
現状を調べてきました。

あわせて、NPO中間支援組織で働く知人や、NPOの労務支援に携わる
先輩社労士の先生方に相談に乗ってもらってきました。





自分なりに調べてきて、あることがわかりました。

「NPOの多くは、労務サービスにお金を出さないし、出せない。
労務サービスはあまり必要とされていない」いうことでした。





NPOの労務サービスに対する需要がこれほど厳しいものとは、
予想しませんでした。





「私が本当にやりたいことは、今のところ需要が少ない」

この現実を受け止めた上で、今後どうするのか。毎日悩んでいます。





相談に乗ってもらった先輩社労士の先生方は、営業対象のひとつとして
NPOの労務支援に携わっておられます。「NPOの労務支援だけでは、
いまの既存の仕組みでは生活確保が極めて厳しい」といいます。





「NPOの労務サポートでNPO仲間に喜んでもらうとともに、活動が続け
られる収入を確保できる、新しい労務サービスの提供」を考えてきました。

私の力不足で、その新しい労務サービス方法が具体化できていないのが、現状です。





今後の活動について、

①独立開業し、あくまでもNPOの労務サポートに特化する

②独立開業し、営業対象のひとつとしてNPOの労務サポートを行う

③今の職場で働きながら、プライベートでNPOの労務サポートを行う

という、3つの選択肢を考えています。





仮に、①または②を選択する場合、職場の都合で6月末日に上司に
退職の意思を伝え、9月に退職という流れになります。





6月末日まで約1か月。考えられるあらゆる方法を検討し、納得の
いくNPOの労務サポート活動を始めていきたい。そう考えています。





NPO活動に携わっておられる方や、需要が厳しいコアな分野で頑張って
おられる社会保険労務士の先生方など、忌憚のないご意見を頂戴でき
ればうれしいです。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。



自分自身が試された8年間 

こんにちは、nobuです。

今月1日から始まったブログ「NPO労務サポーターをめざして」。

このブログは、私の人柄やNPOに対する想いを知ってもらう1つの
手段と考えています。

そのためには、私の生い立ちを申し上げる必要があると思い、
ちょっとカタい内容になっています。

「生い立ち」カテゴリーの記事は、コメントがほとんど付かないです。
そうですよねぇ。人様の生い立ちにコメントしようがないですよね…。

早く過去の生い立ちから、今の心境、そして今後の想いを申し上げたい
と思いますので、もう少しご辛抱ください。



(昨日からの続きです)

労働組合で働こうと考えたのは、いくつか理由があります。

働く人たちの喜ぶ顔が見たいから。

労働分野の知識が身に付き、NPO労務サポーターとして活動する際の
役に立つのではないかと考えたから。

広い意味でのNPOである労働組合で働くことで、ミッション達成にむけた
事業活動を体で覚えたかったから。

このような理由が挙げられます。



労働組合に入局すると同時に、大阪にある某スクールで社会保険労務士
の受験講座に通い始めました。

社会保険労務士試験は合格率が8%台で、簡単に合格できるとは
思っていませんでした。でも、3年ほど勉強すれば合格できるのでは、
と安易に考えていました。







甘かったです。







3年、4年、5年と勉強しても合格基準には、はるかに及びません。

「これはマズイなぁ。こんな調子では、いつまで経っても受からない」

危機意識が高まると同時に、こんなことも頭をよぎりました。









「本当にNPO仲間のお役に立ちたいのか」









自分自身の「覚悟」が試されているようでした。








悩んだ末、次の結論に至りました。

「私はNPO労務サポーターとして、NPO仲間のお役に立ちたい。
そのためには、労働分野の専門家として、社会保険労務士になりたい」

「腹を決めた」瞬間でした。




6年目以降は、長年の受験で衰えつつある気力との闘いでした。

受験8年目の昨年、何とか合格証書を手に入れることができました。





「本当に、労務面のサポートでNPO仲間のお役に立ちたいのか」

自分自身が試された8年間でした。

何とか試験に合格した私を待ち受けていたのは、予想しないものでした。

(続く)


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

自分自身が試された8年間 

こんにちは、nobuです。

今月1日から始まったブログ「NPO労務サポーターをめざして」。

このブログは、私の人柄やNPOに対する想いを知ってもらう1つの
手段と考えています。

そのためには、私の生い立ちを申し上げる必要があると思い、
ちょっとカタい内容になっています。

「生い立ち」カテゴリーの記事は、コメントがほとんど付かないです。
そうですよねぇ。人様の生い立ちにコメントしようがないですよね…。

早く過去の生い立ちから、今の心境、そして今後の想いを申し上げたい
と思いますので、もう少しご辛抱ください。



(昨日からの続きです)

労働組合で働こうと考えたのは、いくつか理由があります。

働く人たちの喜ぶ顔が見たいから。

労働分野の知識が身に付き、NPO労務サポーターとして活動する際の
役に立つのではないかと考えたから。

広い意味でのNPOである労働組合で働くことで、ミッション達成にむけた
事業活動を体で覚えたかったから。

このような理由が挙げられます。



労働組合に入局すると同時に、大阪にある某スクールで社会保険労務士
の受験講座に通い始めました。

社会保険労務士試験は合格率が8%台で、簡単に合格できるとは
思っていませんでした。でも、3年ほど勉強すれば合格できるのでは、
と安易に考えていました。







甘かったです。







3年、4年、5年と勉強しても合格基準には、はるかに及びません。

「これはマズイなぁ。こんな調子では、いつまで経っても受からない」

危機意識が高まると同時に、こんなことも頭をよぎりました。









「本当にNPO仲間のお役に立ちたいのか」









自分自身の「覚悟」が試されているようでした。








悩んだ末、次の結論に至りました。

「私はNPO労務サポーターとして、NPO仲間のお役に立ちたい。
そのためには、労働分野の専門家として、社会保険労務士になりたい」

「腹を決めた」瞬間でした。




6年目以降は、長年の受験で衰えつつある気力との闘いでした。

受験8年目の昨年、何とか合格証書を手に入れることができました。





「本当に、労務面のサポートでNPO仲間のお役に立ちたいのか」

自分自身が試された8年間でした。

何とか試験に合格した私を待ち受けていたのは、予想しないものでした。

(続く)


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

人生を変えた出会い 

こんにちは、nobuです。


(昨日からの続きです)

その新聞記事は、NPOに関する記事でした。大阪のあるNPO中間支援組織が
取り組むNPO支援についてでした。

以前から、NPOが志を持ってもっと暮らしやすい社会にするために活動
していることは知っていました。

「仕事を通して、たくさんの人たちに喜んでもらいたい」という気持ち
が強かった私にとって、その記事に興味を惹かれました。

連絡をとり、そのNPOにうかがい、詳しい説明を聞かせてもらいました。
その中で、「今年、関西でNPOの全国フォーラムが開かれます。もしよか
ったらフォーラム事務局の一員としてお手伝いしてもらえませんか」との
お誘いを受けました。

NPOのことを知る絶好の機会と考え、フォーラム事務局の一員として
お手伝いさせてもらうことに。



フォーラムの実行委員の方々は、NPO界で活躍する錚々たる顔ぶれが
そろっていました。

実行委員の皆さんは、NPOなどで時間を惜しんで活動しておられました。
そんな疲れを見せず、夜の打ち合わせでは侃々諤々の議論を展開。

「NPOがこれからの社会において果たすべき役割を考える、地域や
分野、セクターを超えるフォーラムを成功させたい」

この想いが、フォーラムの準備に携わる1人ひとりを支えていたように
感じました。



フォーラム事務局は、厳しい予算の中、限られた人員で準備にあたって
いました。フォーラム開催前の1か月間は休みなく、朝6時台に家を出て、
大阪駅発の最終電車に飛び乗る毎日でした。

そうして迎えたフォーラム当日。フォーラムは成功裏に終わりました。



この活動を通して、志高く頑張る多くの先輩方の熱意に接することが
できました。そして、「将来は、NPOの労務サポートのお手伝いをしたい」と
心に決め、社会保険労務士をめざすことにしました。



「ライフワークはNPO労務サポーター」



この想いは、当時の活動がきっかけです。

いまも、その想いは変わりません。

この想いを実現するため、新たな一歩を踏み出すことになりました。

(続く)


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

人生を変えた出会い 

こんにちは、nobuです。


(昨日からの続きです)

その新聞記事は、NPOに関する記事でした。大阪のあるNPO中間支援組織が
取り組むNPO支援についてでした。

以前から、NPOが志を持ってもっと暮らしやすい社会にするために活動
していることは知っていました。

「仕事を通して、たくさんの人たちに喜んでもらいたい」という気持ち
が強かった私にとって、その記事に興味を惹かれました。

連絡をとり、そのNPOにうかがい、詳しい説明を聞かせてもらいました。
その中で、「今年、関西でNPOの全国フォーラムが開かれます。もしよか
ったらフォーラム事務局の一員としてお手伝いしてもらえませんか」との
お誘いを受けました。

NPOのことを知る絶好の機会と考え、フォーラム事務局の一員として
お手伝いさせてもらうことに。



フォーラムの実行委員の方々は、NPO界で活躍する錚々たる顔ぶれが
そろっていました。

実行委員の皆さんは、NPOなどで時間を惜しんで活動しておられました。
そんな疲れを見せず、夜の打ち合わせでは侃々諤々の議論を展開。

「NPOがこれからの社会において果たすべき役割を考える、地域や
分野、セクターを超えるフォーラムを成功させたい」

この想いが、フォーラムの準備に携わる1人ひとりを支えていたように
感じました。



フォーラム事務局は、厳しい予算の中、限られた人員で準備にあたって
いました。フォーラム開催前の1か月間は休みなく、朝6時台に家を出て、
大阪駅発の最終電車に飛び乗る毎日でした。

そうして迎えたフォーラム当日。フォーラムは成功裏に終わりました。



この活動を通して、志高く頑張る多くの先輩方の熱意に接することが
できました。そして、「将来は、NPOの労務サポートのお手伝いをしたい」と
心に決め、社会保険労務士をめざすことにしました。



「ライフワークはNPO労務サポーター」



この想いは、当時の活動がきっかけです。

いまも、その想いは変わりません。

この想いを実現するため、新たな一歩を踏み出すことになりました。

(続く)


最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

迷った末の決断 

こんにちは、nobuです。



(5月17日からの続きです)

自分自身が望む基準を満たす職場でやりがいを持ち、仕事に打ち込んで
いました。

一方で、心の中でひっかかるものがありました。



私としては、できれば地元、またはそれに近いところで暮らしたい
との想いがありました。

仕事も大切。プライベートも大切。



心の葛藤が続きました。



悩んだ末、お世話になった職場を退職することに。地元に帰り、
心の中での「自分探し」の旅が始まりました。



そんな中、ある記事が目に留まりました。



(明日に続く)

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

迷った末の決断 

こんにちは、nobuです。



(5月17日からの続きです)

自分自身が望む基準を満たす職場でやりがいを持ち、仕事に打ち込んで
いました。

一方で、心の中でひっかかるものがありました。



私としては、できれば地元、またはそれに近いところで暮らしたい
との想いがありました。

仕事も大切。プライベートも大切。



心の葛藤が続きました。



悩んだ末、お世話になった職場を退職することに。地元に帰り、
心の中での「自分探し」の旅が始まりました。



そんな中、ある記事が目に留まりました。



(明日に続く)

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

神戸中華に舌鼓 

こんにちは、nobuです。



先日、ある中国料理屋に行ってきました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、神戸は
中国料理店が多いです。神戸の中国料理は、地元料理と
いってもいいかもしれません。

職場も、ウロチョロの拠点も、神戸の私。地元で働く1人
として、お気に入りのお店があるんです。

今回訪れたお店は、神戸を代表する上海家庭料理です。
気取らない活気と気前のよい盛り付けで、平日でも予約が
ベターかと。

  

さっそく、アサヒスーパードライの大瓶でノドを潤し、
「攻め」にいきました(笑)。

IMG_0386.jpg

まず、前菜はミル貝。「それは寿司ネタでは?」と言われそうですが
神戸の広東・上海料理系のお店ではポピュラーな食材です。独自の
食感が好きです。付け合せの青菜のシャキシャキ感もたまらない!



続いて、アサリの炒めもの。どうも、神戸の人たちは貝類が好きな
人が多いような。貝が入ったお好み焼きを好む人が多いようですし。
こちらは、画像なしで。スミマセン。



IMG_0387.jpg

春巻です。中に入っているエビがプリップリッで。皮はサックサク。
お店のコースにも含まれている、スタッフ(と私も)おすすめの逸品。




IMG_0390.jpg

骨付き肉の酢豚です。地元・中国では排骨(パイクー)と呼ばれているようです。
排骨は、骨付き豚バラ(アバラ肉)、スペアリブのことです。

ビールに良く合います。手は汚れてしまいますが、両手で骨を持ち、
骨の周りのお肉も堪能(これがおいしいんです、いやホントに)。

あっさりした味付けに思えるのは、タマネギ、ピーマン、そして
サツマイモなど、たっぷりと野菜が入っているからかも。



そんなこんなで、スーパードライ大瓶は追加につぐ追加を。

堪能しました。

たまには、自分自身にご褒美がないと、ね。

みなさんも、頑張った自分に「ちょっと旨いものを」という瞬間が
ありますよね?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

神戸中華に舌鼓 

こんにちは、nobuです。



先日、ある中国料理屋に行ってきました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、神戸は
中国料理店が多いです。神戸の中国料理は、地元料理と
いってもいいかもしれません。

職場も、ウロチョロの拠点も、神戸の私。地元で働く1人
として、お気に入りのお店があるんです。

今回訪れたお店は、神戸を代表する上海家庭料理です。
気取らない活気と気前のよい盛り付けで、平日でも予約が
ベターかと。

  

さっそく、アサヒスーパードライの大瓶でノドを潤し、
「攻め」にいきました(笑)。

IMG_0386.jpg

まず、前菜はミル貝。「それは寿司ネタでは?」と言われそうですが
神戸の広東・上海料理系のお店ではポピュラーな食材です。独自の
食感が好きです。付け合せの青菜のシャキシャキ感もたまらない!



続いて、アサリの炒めもの。どうも、神戸の人たちは貝類が好きな
人が多いような。貝が入ったお好み焼きを好む人が多いようですし。
こちらは、画像なしで。スミマセン。



IMG_0387.jpg

春巻です。中に入っているエビがプリップリッで。皮はサックサク。
お店のコースにも含まれている、スタッフ(と私も)おすすめの逸品。




IMG_0390.jpg

骨付き肉の酢豚です。地元・中国では排骨(パイクー)と呼ばれているようです。
排骨は、骨付き豚バラ(アバラ肉)、スペアリブのことです。

ビールに良く合います。手は汚れてしまいますが、両手で骨を持ち、
骨の周りのお肉も堪能(これがおいしいんです、いやホントに)。

あっさりした味付けに思えるのは、タマネギ、ピーマン、そして
サツマイモなど、たっぷりと野菜が入っているからかも。



そんなこんなで、スーパードライ大瓶は追加につぐ追加を。

堪能しました。

たまには、自分自身にご褒美がないと、ね。

みなさんも、頑張った自分に「ちょっと旨いものを」という瞬間が
ありますよね?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ちょっと早いかもしれませんが 

こんにちは、nobuです。



最近、めっきり暑さを感じるようになりました。

朝は自転車をとばして駅前の駐輪場へ。電車が発車する時刻を
気にしつつ、小走りで駅のホームに駆け込む毎日です。

電車に乗り込んだのはいいのですが、その途端に汗が…。
暑がりの気性に加えて、朝からの小運動(?)。

1駅、2駅と通過しても、汗がとまらないんです…。
新陳代謝がいいと言えなくもないのですが、困ったものです。



今日も汗をふきふき、帰宅すると、私の部屋にあるものが。

扇風機でした。

「ちょっと早いかも」と思いつつ、最近の暑さを考えると、
今のからの扇風機投入は、あながち時期はずれとは言えないかも…。

みなさんのご自宅は、いかがでしょうか?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ちょっと早いかもしれませんが 

こんにちは、nobuです。



最近、めっきり暑さを感じるようになりました。

朝は自転車をとばして駅前の駐輪場へ。電車が発車する時刻を
気にしつつ、小走りで駅のホームに駆け込む毎日です。

電車に乗り込んだのはいいのですが、その途端に汗が…。
暑がりの気性に加えて、朝からの小運動(?)。

1駅、2駅と通過しても、汗がとまらないんです…。
新陳代謝がいいと言えなくもないのですが、困ったものです。



今日も汗をふきふき、帰宅すると、私の部屋にあるものが。

扇風機でした。

「ちょっと早いかも」と思いつつ、最近の暑さを考えると、
今のからの扇風機投入は、あながち時期はずれとは言えないかも…。

みなさんのご自宅は、いかがでしょうか?



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

新たなスタートへ 

こんにちは、nobuです。


(昨日からの続きです)

3回生に進級すると同時に、あこがれのR大学へ通うことになった私。
念願の1人暮らしも開始。「あきらめなくてよかった」と、しみじみ
感じたものです。

授業も、ゼミナールも、毎回受講するのが楽しみで。「学ぶ喜び」を
実感する毎日でした。



学生生活を通して、「仕事も家庭も充実できる暮らし方。経済的だけでなく、
精神的にも充実した生き方ができる社会を」と考えました。

この理想に少しでも近づけるためのお役に立ちたい。そのように考え、
就職活動を始めました。



たくさんの人たちに喜んでもらえること。働く人たちのお役に立てること。
公共性の高い仕事ができること。

同時に、自分自身が仕事も家庭も充実できる暮らし方。経済的だけでなく、
精神的にも充実した生き方ができること。

これらの基準を満たす職場で働きたいと考えました。

ご縁があり、ある地方自治体の外郭団体への就職が決まりました。
この団体は、地元中小企業の福利厚生向上の事業をおこない、
中小企業で働く人たちの福祉に貢献することを目的としています。



自分が描いた職場で、新たな人生がスタートしました。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

新たなスタートへ 

こんにちは、nobuです。


(昨日からの続きです)

3回生に進級すると同時に、あこがれのR大学へ通うことになった私。
念願の1人暮らしも開始。「あきらめなくてよかった」と、しみじみ
感じたものです。

授業も、ゼミナールも、毎回受講するのが楽しみで。「学ぶ喜び」を
実感する毎日でした。



学生生活を通して、「仕事も家庭も充実できる暮らし方。経済的だけでなく、
精神的にも充実した生き方ができる社会を」と考えました。

この理想に少しでも近づけるためのお役に立ちたい。そのように考え、
就職活動を始めました。



たくさんの人たちに喜んでもらえること。働く人たちのお役に立てること。
公共性の高い仕事ができること。

同時に、自分自身が仕事も家庭も充実できる暮らし方。経済的だけでなく、
精神的にも充実した生き方ができること。

これらの基準を満たす職場で働きたいと考えました。

ご縁があり、ある地方自治体の外郭団体への就職が決まりました。
この団体は、地元中小企業の福利厚生向上の事業をおこない、
中小企業で働く人たちの福祉に貢献することを目的としています。



自分が描いた職場で、新たな人生がスタートしました。



最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。