スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田舞先生のコーチングを受けて 

こんにちは!

最近(とっても、3日間ですけど…)、ブロガー魂が復活しつつあるワタクシでございます(笑)



昨日のブログでもお話したんですけど、今日の夜は森田舞先生から電話コーチングを受けていたんですね。

開業前から、私の想いをご存じの森田先生から、こんな鋭い指摘が。

「話を聴いていると、今までの石田さんではないみたいですよ」



その指摘を受けて、我に返ったんです。

気がつけば、いま私が思い描いていることは、自分本位で物事を考えているのではないかと。



NPO仲間をはじめ、多くの人たちに喜んでもらい、もっと働きやすい職場づくりのお役に立つことが、私の想いであったはず。

いつの間にか、自分自身の利害を優先していたことに気づいたんですよ。



そこで、どうすればいいのか。

いまの活動の中で、もっと力を入れるべき分野を考えた結果、意外な分野でお客様も、自分自身も、満足度の高いサービスが提供できることを発見したんです。



もし、森田先生のコーチングを受けていなければ、どんどん自分本位で物事を考えていたかと思うと、背筋が寒くなりました…。

そんなこんなで、申すまでもないことですけど、相手本位で物事を考えて行動していきたいと思った、今日のセッションでした!


スポンサーサイト

森田舞先生からのコーチングを通して 

社会保険労務士で、かつ、コーチの資格をお持ちの森田舞先生からコーチングを受けて、早くも4年目になるんです。

月2回、電話でのセッションを通して、毎回あらたな気付きが得られるんです(^^)



先日のセッションで、私が今年度、自由に動ける時間が少ない中での活動をテーマに話をしていたんです。

セッションが終わったあと、振り返りシートを森田先生に送って。

いま、そのシートが帰ってきたんですね。



森田先生のコメントを通して、考えさせられたこと。

それは、「あと9か月しかない新分野での経験を通して、やっておかないと後悔することはありますか?」「今この状態だからこそ、できることやメリットは何かありますか?」ということ。



どうやっても9ヶ月後には毎日が自由になります。

来年4月からの活動を見据えたうえで、今の悩みを今後の強みへと活かす方策を考えていこう!

森田先生とのセッションを通して、こんなことに気づいたんですよ。



ちょっと、ココロの迷路をさまよっていたんですけど、これですっきりしました(^^ゞ

さぁ、気持ちを入れ替えて、頑張っていきます!!

元はとらせていただきます 

先日、社労士会の研修会に参加してきたんです。

テーマは、電子申請をつかっての年度更新や算定基礎の手続についてなんです。

先生方が、詳しい資料とパワーポイントをもとに、わかりやすくご説明いただいたんですね。



電子申請を行う上で、操作が止まってしまいそうな箇所をご指摘いただき、その対処法をお聞かせいただいたんです。

マニュアルには書いていないことまで説明していただいて、感謝するとともに、こんな気持ちを持ったんですよ。

「もし、自分自身で一から調べて、電子申請に挑戦したとしたら、あちこちでつまづくだろうなぁ」と(汗)。



今回に限らず、都合がつく限り、他支部の研修会に参加しているんですね。

経験豊かな先生方が、詳しい資料と説明をしていただけるものですから(^^)



私にとっては、決して安くない社労士会の会費(みなさんも、そうかもしれないんですけどね)。

地元支部をはじめ、他支部の研修会に参加することで、ノウハウを学ぶとともに、新たなネットワークを築けて。

しっかりと、会費の元を取りたいと思ってます!

実際に足を運んで、あらためてわかったこと 

とある社労士の自主勉強会に申し込みをしてたんです。

楽しみにしてたんですけど、なんやかんやと、バタバタしてまして。

ちょっと、疲れががたまってたんですね(^^ゞ



「申し込んだけど、ゆっくり家で休もうかなぁ」

そんな気持ちに傾きつつあったんですよ。



でも、勉強会のテーマに興味がありましたし、久しぶりに顔を出すことで、社労士の先生方とのつながりも大切にしたいし。

というわけで、昨日(20日)は、朝起きて、ご飯を食べた後、昼前まで二度寝したカラダを引きずって(笑)、地元の社労士自主勉強会に行ってきたんです。



実際に、勉強会に足を運んで、あらためて「参加してよかった!」。

そんな気持ちでいっぱいだったんです。



テーマは、個人的に学習するには難しいテーマでして。

実際にコンサルティングに携わっておられる先生が、理論をわかりやすく説明されるとともに、グループワークをふんだんに取り入れて、実際に体験していくかたちでして。

これまで知らなかった分野でしたけど、その分野で求められているスキルや、お客様に提供できる効果がわかったんですね。



仮に、自分自身で学習したとしても、きっと何倍もの時間とエネルギーがかかるでしょうし。

そう考えると、重い腰をあげて(笑)、勉強会に参加してよかったです!


その他にも、うれしかったことがあったんですけど、その続きはあらためてお話しますね(^^)

『お金を稼ぐ習慣術』 

お金を手に入れるためには、他の人に喜んでもらえることが大切なのは、申すまでもないことでして。

それとともに、日々暮らしている中で、ちょっと意識を変えることで、お金を得られるヒントがたくさんあるかもしれないと、思い始めたんですよ。

そんな中、手に取ったのが、米国公認会計士の午堂登紀雄さんの最新刊『お金を稼ぐ習慣術』なんです。



「米国公認会計士の先生が書いた本って、何だかカタイような気がするなぁ」とお思いのアナタ。それは、誤解です!

私が東京まで足を運んでセミナーを拝聴したとき、初対面にもかかわらず、気さくに本にサインをしてくれたり、記念撮影に応じてくれる方ですから(^O^)


それはさておき(笑)、午堂さんが、この本で大切にしている視点。

それは、「僕たちにとって無駄な経験は何もない。どんなことでも必ず何か学びがある」ということ。



例えば、サービスを受けてお金を払いますよね。その際、次からは自分で同じことがやれるくらい、彼らが提供するものをじっと観察し、盗むようにしましょう。

「お金を払ってもらえる立場になるにはどうすればいいか?」を考え抜くことが、お金を稼げるようになる最適なトレーニングだと、いいます。

「せっかくお金を払うなら、盗めるものは徹底的に盗んで、学びのチャンスに変えましょう」という指摘、今日から始めることができる習慣ですよね!



『お金を稼ぐ習慣術』では、「エア社長になる」「ジェットストリームアタック仕事術」「3D観察力で情報クッキング」「倍速オーディオ活用術」「考えなくて済むことを増やす」「手裏剣カバン術」など、日々の行動を儲けに換える様々な習慣を紹介。

お金を稼げるようになる望ましい習慣が身につく1冊なんです(^^)



「午堂さんは、いろんな術をおっしゃっておられるようだけど、どんな意味かしら」と思っておられる方も、いらっしゃるかも。

詳しくは、実際に『お金を稼ぐ習慣術』をご覧いただければ、うれしいです(^_^)



33歳で3億円をつくった午堂さんのお言葉を重く受け止めながら、この本からたくさんのことを学んでいきたいと思います。

日々の生活の中で工夫をこらして、お金を生み出したい人に、お勧めします!



日々の行動を儲けに換える お金を稼ぐ習慣術日々の行動を儲けに換える お金を稼ぐ習慣術
(2010/02/18)
午堂 登紀雄

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。